令衣の逆襲!!後半立て直して見事ホーム初勝利! ー鹿児島ユナイテッドFC対福島ユナイテッドFCー



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめの 2021 J3 第3節、福島ユナイテッドFC戦ゲームレビュー。

1分け1敗で迎えるホーム2戦目。

第4節は休みとなる鹿児島にとっては、ここで是が非にも勝利しておきたい。

迎えるは「島ユナイテッドFC」繋がり、対福島ユナイテッドFC戦です。

スタメン

先発は

GK、大西、

DF、衛藤、ウェズレイ、田辺、砂森

MF、酒本、中原、牛之濵

FW、惇也、萱沼、米澤

ベンチ

GK、白坂

DF、フォゲッチ、藤原

MF、五領、寛也、山谷

FW、薗田

シャケ、牛之濵、萱沼が今期初先発!

雨上がりでピッチは濡れている。

桜の咲く季節なのに桜島は雨雲に隠れている。

前半

秀人のファーストシュート!

おっしぃー

鹿児島はしっかりパスを繋いでボールを前へ運ぼうとする。

福島の戦い方は中盤でのボール奪取を狙いイスマイラへボールを出すこと。

鹿児島の最終ラインから中盤へボールが入ったところを狙ってきた。

高いディフェンスラインと中盤とでサンドイッチして鹿児島からボールを奪う。

鹿児島からボールを奪ったら、まずはイスマイラ。

どっからでもイスマイラ。

ロングスローからでもイスマイラへ。

イスマイラがパスを受けられる状態に無ければ、サイドに展開してからクロスでイスマイラ。

イスマイラは組織として守備のタスクは多くなく、センターバックを引き付ける事を求められている。

そして福島の攻撃の基点になること。

クロスにあわせること。

その攻撃が実を結び鹿児島のゴールネットを揺らす。

いやいやいやいや、オフサイド!

あっぶねっ!オフサイドッ!

ふう、、、

シンプルにイスマイラを狙う形が徹底されているので迷いが無いなぁ。

ボールを出す側、クロスを上げる側も迷いが無いし、イスマイラもしっかり準備をしている。

シンプルにプレーをするので場所も間違わないしタイミングも合わせやすい。

なんでもないプレーだが、それが脅威となっていた。

イスマイラが脅威となり鹿児島は最終ラインが下がり気味。

なので中盤が間延びしてしまう。

選手間の距離が遠いのでテンポ良くパスが繋がるシーンが少ない。

ピッチもスリッピーで細かいミスも発生してしまった。

なかなか攻撃の形が作れない。

福島のロングボールにも苦戦した。

ロングボール一発でイスマイラを狙ってくるので鹿児島の最終ラインは下がってしまいコンパクトにプレーする事が出来なかった。

ロングボールを蹴るチームへの対応はまだまだチームとしての改善が必要だ。

飲水タイム前後では福島の前プレにも苦労する。

しかし 25:10

秀人が福島の縦パスをカット!米澤預ける。

米澤はボールを運びながら中を見る。

野嶽惇也が走っているのを見逃さず正確にパスを送る。

惇也素晴らしいトラップ!

宇佐美たまらず惇也を倒す!

PK!!!

PK!!!

ヨッシャーーー!!!

このチャンスは米澤のプレスから始まる。

猛然と福島ディフェンダーの河西へ米澤がプレスをかける事で河西には時間が無くなり半ば強引に縦パスを蹴る。

米澤がプレスをかけたのを見て、河西の縦パスを読んでいた秀人。

読みが良いねぇ、秀人!

素晴らしいプレーからチャンスを作る事に成功した。

米澤のパスも正確だったし惇也のトラップも見事!

ナイスPK!!

キッカーは米澤。

、、、、

ボールはゴールの枠を外れる、、、

ノー

おーまいがー

まあまあ、

次、次。

切り換えて行こう!

33:00

キーパー大西から田辺、砂森、一旦大西に戻し再び砂森が大西から受ける。

砂森はクルクル相手をかわし萱沼へ。

萱沼はシャケに落としワンツーで貰い直しドリブルで運ぶ。

前には米澤と惇也が走る。

福島の戻りも早くコースが無くなる、、、、が大外からエトゥー!

萱沼からのパスを衛藤はダイレクトで中に折り返すっ、、、、

キーパーキャッチぃぃぃぃ、、、

惜しいシーン。

良いプレー。

危ういシーンはいくつかあった。

鹿児島はPKを獲得もしたが、、、前半の結果は0-0。

やりたい事が出来ていたのは福島か。

鹿児島はビルドアップがまだまだ。

雨の影響からかミスも多かった。

選手の距離が開いていた事でチームの連動があまりなく個々のプレーが多かった。

個人の無理やりのプレーによりファールとなる事も多し。

酒本がボランチに入った事もチームに変化を与えている。

良い意味で落ち着いた大人なサッカーになっていた。

悪い意味ではアグレッシブさが欠けていたか、、、

シャケはパスを出した後の動きが弱い。

パスを出した後も2度3度と貰う動きがもっとあると、、、と思った。

ウェズレイとイスマイラのアベンジャーズ対決は迫力満点!

イスマイラはウェズレイが押さえている。

後半はイスマイラの周りの選手に注意が必要だ。

福島のプレスをかわせれればチャンスに繋がっている。

前線でのプレスが効いていればPKを獲得したシーンのようにゴールへ近づく。

行こう!鹿児島!

後半

後半も福島はイスマイラめがけてロングキック。

押し込んでから中盤でボール奪取を狙う。

それならばとキーパー大西が福島ディフェンスの裏へキック。

これが米澤に繋がるっ!

キーパーと一対一!

米澤キーパーをよく見てシュート!

ゴーーーーール!

先制っ!

やったっ!

レーーーーーーーイィィィィッ!

落ち着いていた。

前半にPKを外していたので焦っていてもおかしくはないのに。

キーパーを良く見て股をぬくシュート。

ナイスゴール!

そして大西。

アシストですよ、キーパーなのに。

目には目を、ロングボールにはロングボールを!

ナイス先制点!

イスマイラ怖っ

えっ、、

失点、、、

笛?

オフサイド?

アブネッ!

ふぅぅ、、、、

危ねっ!

鹿児島自陣で福島のファールがあり、田辺からスタート。

秀人、大西、ウェズレイ、衛藤。

衛藤が惇也へ縦パス送る。

惇也が酒本に渡している裏で牛之濵がタッチライン際を駆け上がる。

酒本から牛之濵へパスが出る。

牛之濵早めに中へ入れる。

萱沼が受けると惇也が萱沼を追い越し走るが萱沼は中に横パス。

よねざわだぁぁぁぁああああ!

ゴーーーール!

2点目っ!

ヨッシャァァァ!

目まぐるしいんですけどっ!

展開が激しすぎますっ!

いやー、しかし、

しっかりビルドアップから相手のプレスをかわしてゴール。

プレスをかわせればこうやってゴールまで行けるんですね。

実に10人がボールに触ってのゴール!

すんばらしいゴール!

最高じゃん!

そして米澤2ゴール!

乗ってるねっ!

距離感が良くなりパスがテンポ良く回るようになった。

サポートの動きや追い越す走りが効果的になっている。

鹿児島押せ押せの時間。

福島2選手交代。

鹿児島も牛之濵に代えて五領。

野嶽惇也に代えて山谷。

山谷は左に入り米澤は右へ。

衛藤の素晴らしい上がりから山谷へスルーパス。

山谷のシュートはブロックされる。

くぅー

シャケ、御役御免で神輿で担がれる。

寛也と交代。

お疲れ!

福島も二人選手交代。

えつ、、、イスマイラ、大西と一対一!?

オフサイド無いの?

イスマイラ、シュート!

お、お、に、しぃぃぃぃ!

ナイスセーブ大西!

衛藤に代わりフォゲッチ。

萱沼に代えて薗田。

福島も最後の選手交代。

五領、薗田、山谷の交代選手が精力的に前プレを行い、中盤で奪う事に成功している。

試合終了。

ヨッシ!

2-0。

ホームで勝利!

総括

後半の鹿児島は素晴らしかったですね。

福島の前からのプレスを受けるような前半でしたが、後半は高くプレスをかけてくる福島ディフェンスの裏を狙いどころにしました。

そして早々に大西のキック一発で米澤令衣の先制点。

DAZNの試合後のインタビューでもそう言っていましたね。

その後も福島ディフェンスの裏を狙うことは続けていましたし、それは選手交代しても変わりませんでした。

それも闇雲に裏を狙うのではなく、しっかり出し手と受け手の呼吸を合わせてスルーパスを出していたのでワクワクするプレーでした。

裏を狙われていた福島としては後半序盤で2失点した事もあり、前から行きたい前線の選手と裏へのケアをしたいディフェンスの選手とで距離が開いてしまいました。

こうなると中盤は鹿児島のものとなります。

前半と全く逆のゲームとなりました。

後半から鹿児島の選手はボールを持っている選手へのサポートが速く、ボールを失わずパスをテンポ良く回すこともできるようになりました。

選手間の距離が近くなりサポートも速くなったことでパスミスも減り相手のプレスをかわす事に成功。

プレスをかわして裏を狙いチャンスを作り出す。

それが2点目のシーンとなりました。

素晴らしい得点シーンだったと思います。

自陣から10人がボールを触りパスをつなげてのゴール。

いや、凄いでしょ!

このゴール!

味方を追い越すプレーが多くなり縦へのアグレッシブなプレーが見られましたね。

縦への意識が強く、裏も狙っていることで福島のディフェンスラインは自然と下がり中盤でスペースが生まれることで、セカンドボールが拾えて2次攻撃、3次攻撃へと繋がりました。

あわや3点目というシーンもいくつも見られました。

3試合全てで2得点している攻撃力。

それも素晴らしいゴールばかりだし。

更に爆発する気配もビンビンに感じますね。

そしてこの試合無失点。

しかしここは、浮かれていられませんね。

イスマイラには90分手を焼きました。

前半は福島の前プレで押し込まれた状態でビルドアップを引っ掛けられてしまって危ないシーンを多く作ってしまいました。

後半は鹿児島が勇気を持ってラインを高く上げたその裏を何度か狙われてあわや失点、、、という場面もいくつも、、、

サンキュ、大西っ!

ネットを揺らされた場面が2つもありました。

両方共に「あでぃがどーーーーっ!」って泣きながらオフサイドに感謝しましたが、それぞれオフサイドかどうか微妙な、際どいものに見えました。

クロスへの対応はまだまだですね。

ウェズレイは横からのボールにはあまり強くないのかも、、、

前半上手くいかなかった試合を後半修正して勝ちに持ち込めた試合運びは良かったですね。

なぜ良くなったのか。

勇気を持ってディフェンスラインを高く上げてアグレッシブにプレーできた事でしょうか。

ディフェンスラインを高く上げると裏を狙われる恐れはありますし、相手にはイスマイラというひとりでゴールを狙える選手がいるにもかかわらずです。

ディフェンスラインを高く上げることでコンパクトにチームを保つ。

コンパクトにする事で相手がプレスを仕掛けてきても近くの味方にパスを出せる。

味方が近くにいるのでサポートも速く出来る。

テンポ良くパスを回す事でプレスをかわす事が出来る。

相手はプレスで嵌めようと前へボールを奪いに着ているのでプレスをかわせば自然と広大なスペースが見つかる。

出来たスペースを使う事が出来ればチャンスになる。

相手は下がる、、、、

前半中に修正できれば尚の事良しですね。

大西は福島のビックチャンスをことごとくセーブ。米澤へのアシストも素晴らしかったが、なんと言ってもイスマイラとの一対一を止めたシーンは圧巻。

ウェズレイとイスマイラのアベンジャーは見ごたえあった。試合後に握手を交わしているのも胸アツ。

砂森、田辺、衛藤のビルドアップは日に日に良くなってきている。

秀人はファーストシュートから意気込みを感じた。後半は躍動。

酒本はどこをやらせても上手い。シャケ神輿が今年も見れた。

牛之濵は運動量多くピッチのいたるところでプレー。プレーの精度はまだまだ上げられるはず。

米澤はPKを外すも2ゴールで結果を出す。前線での欠かせない人材となった。

惇也は縦への突破でPKを誘う。追い抜く走りも秀逸。

萱沼はこの日も前線で体を張っていた。シュートをそろそろ決めたい。

五領、薗田は激しく前からの守備で貢献。後半福島の反撃を前線から食い止める。

山谷は裏抜けを狙う動きは良かった。徐々に他の選手とのコンビネーションも合ってきた。期待。

寛也はボールを捌いて前線に上がっていくシーンが素晴らしい。だがもっとできる選手。やり続けよう。

ホームで今期初勝利という結果が良かったですね。

まだまだ課題はありますが、ここで勝利がないと来週はお休みなので開幕から1ヶ月経つのに勝利がないという事になりそうでした。

1勝1敗1引き分け。

悪くないスタートですね。

もっと悪い結果でのスタートも覚悟していましたが上々ではないでしょうか。

1週空くのでしっかり休みながら戦い方を整理してアグレッシブに躍動するサッカーを次の横浜戦では見せていただきましょう!

がんばれ!鹿児島ユナイテッドFC!

music.jp

終盤の逆襲!チーム未完成ながらも同点劇!! ーロアッソ熊本対鹿児島ユナイテッドFCー
悲劇的な敗戦での開幕戦。 ショッキングな結果でしたが内容は決して悲観するものではなく...
鹿児島に新たなる希望が。2021年J3開幕、鳥取戦
明けましておめでとうございます。 2021シーズンのJ3リーグもいよいよ開幕しました...

コメント

  1. かわいだ より:

    早くもレビュー、ありがとうございます

    現地バックスタンド最前列で観たので、50分のシャケの「えぐイ」パスを目の前も目の前で見てしびれました。
    レイの2ゴールもですが、あのパスはホントにえぐい。ヤットみたい、と言った人もいました。
    ますますシャケ大明神を外せないようで(お神輿も)嬉しかったり、悩ましかったりです。

    大西も秀逸。
    現地でこりゃまずい、と思ったのは55分頃、PA付近でカットされ逆襲。たしか雪江ちゃんとイスマイラが抜け出て、1対1どころか、1対2でした。
    おおっと目をつぶらんがごときピンチにも慌てず、イスマイラにパスが出た瞬間をキャッチ。ナイス。
    レビューのイスマイラ1対1よりすごかったかも……

    ウェズもよか~た。「いわき時代にイスマイラとはやったのでわかっていた」と言ってます。ナイース。ニホンゴじょうずですねえ。

    全体を通してみると、意外と互角に近く(ミスが多かった)いわゆる「相性のよさ」で上回ってた感はありますね。

    @@@@
    開幕前の田上オーウェンリーダーの5秒クエスチョンで令衣は、「今期の目標15ゴール」と言って、『去年は20Gって言った』とたのさんに突っ込まれていました。
    しか~し、これなら28ゴール得点王だ!!

    • えどづめ より:

      コメントありがとうございます。
      気持い勝利でしたね!
      なんだかんだ今期初勝利は嬉しいし安心しました。

      シャケさんはどこをやらせても上手ですね。見ていて惚れ惚れしますわ。
      今のチームはその他の選手もなかなかの粒ぞろいですね。
      これに若手が台頭してくれば更に面白く強いチームになるかも?

      1週お休みですが続けて行きたいですね!