ホーム開幕戦はスーパーFKで勝利!讃岐戦レビュー『鹿児島対讃岐』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめの2020J3第2節、カマタマーレ讃岐戦ゲームレビュー。

明治安田生命J3リーグ第2節開幕戦、ホームでカマタマーレ讃岐戦。

ホーム開幕!

7月5日の日曜日。

雨。

讃岐のスタメンは前節より1人変更。

GK、服部、DF、柳田、竹内、松本、薩川、MF、高木、岩本、渡辺、川崎、重松、FW、栗田 マークアジェイ。

鹿児島のスタメンは前節より4人変更。

GK、大西勝吾、DF、田中奏一、青山直晃、水本勝成、藤澤典隆、MF、中原秀人、田辺圭佑、三宅海斗、牛之濱拓、酒本憲幸、FW、馬場賢治

ベンチに、畑実、藤原広太朗、砂森和也、井澤春輝、五領淳樹、薗田卓馬、ジョン・ガブリエル

前節途中交代で結果を出した田中奏一、青山、三宅が先発に。

さあ、ホーム開幕!

ガンバレ!

前半

今日もどしゃ降り、、、

三宅が中盤でボールを受け前を向く。

中央をドリブルで切り裂きミドルシュート、、、はブロックされる。

今日もイケイケだね、三宅。

5分

ゴール正面左で馬場がファールを受ける。

フリーキック獲得。

キッカーは田辺。

左足で低い弾道のシュート!!!

ウィーーーー!!!!

決まった!

鋭いボールがディフェンスの壁の外を通りゴール左隅にブチ刺さる!

ヨシッ!!

ヨシッ!!

ヨッシャ!!

先制!

素晴らしいフリーキックだなぁ。

正面から観たい、、、

もっと観たい、、、リプレイしてよ。

壁の造りが甘かったのかなぁ、、、

これは今年の武器になりそう。

テレレレッテレー! 鹿児島は田辺の直接フリーキックという特技を手に入れた!

馬場の反転してのシュート、キーパーにキャッチされる。

速い足の振りでいいね。

しっかりブロックを組んで守る鹿児島。

讃岐はボールを持つも効果的な縦パスが入れられない。

14分

讃岐のフリーキック。

キッカーは重松と高木。

高木が先に走りボールをちょんと触る。

重松が右に持ち出しミドルシュート!

大西!

正面!

弾いた!

強烈なシュートだったがキーパー大西の正面。

ふう。

讃岐は攻めあぐねてるなぁ。

鹿児島はしっかりブロック。

28分

キーパーからのフィードを鹿児島がカット。

田辺がボールを持ち前を向く。

三宅が斜めに走りだす!

田辺のスルーパス!

キーパー出てくる!

三宅、キーパーと一対一!

ちょんと浮かした三宅のシュートはゴールの右へ、、、、

おしいっ!

35分

三宅が右サイドで高木を置き去りにして中央へクロス!

馬場はミート出来ず!

くうぅぅぅ!

柳田のクロス、、、怖いなぁ。

コーナーキックも、、、怖いなぁ。

三宅のクロスもクリアされる。

アディショナルタイム1分。

讃岐のゴールキックから右サイド深い位置で渡辺にボールが渡る。

渡辺がクロス!

重松、ドフリーでヘディングシュート!

ポストっ!

アブネッ!

ゥオイッ!

集中!

まだ終わってない!

1-0で後半へ。

前半終了

2試合連続で豪雨ですよ、、、

ピッチ上だけでなく町でも被害が出るほど、、、

しかし白波スタジアムのピッチは負けない。

水溜りも無くパスサッカーが出来ている。

良いピッチだ。

芝生整備会社の方々、ありがとうございます。

先制点は田辺のスーパーフリーキック!

開始僅か5分。

讃岐の壁の造りが甘かったのかどうかカメラからだと分からないけれどスーパーなゴールに間違いないよ。

今日の田辺は中盤でボールを引き出して展開したり三宅へのスルーパスもあったしで活躍。

守備でも中原秀人と共に中盤で蓋をして讃岐の攻撃をサイドへサイドへと追いやっている。

讃岐のプレスは熊本のプレスより弱い。

なので鹿児島は後ろでのボール回しに落ち着きが出来ていた。

しかしビルドアップは上手くいっていない。

右サイドばかりで左サイドからのビルドアップが無かった。

讃岐が鹿児島の左サイドを警戒していたようだがそれにしても左を使わなすぎた。

ビルドアップがイマイチな事とバックラインの押し上げが弱い事で、押し込む時間が少なかった。

単調な攻撃というか、コンビネーションで押し込むシーンが少なく攻撃が単発で終わってしまっていた。

リードしていることもありセーフティファーストなプレーを選択しているように感じた。

鹿児島はしっかりブロックを作り讃岐の攻撃を受け、前から追うときは追う。

追った時に中盤以降がもっと思い切って連動してもいいと思うがバランスを崩さないように無理をしないようにも思えた。

栗田へのボールは水本と青山がしっかり抑え栗田にプレーさせていない。

讃岐の攻撃はサイドからのクロスしかないのだが分かっているのにフリーで打たせるシーンがあったのはいただけない。

全体としてはしっかり守れているので、このまま集中集中。

ゼロで終わりたいね。

そしてカウンターで突き放してほしい。

がんばれ!ユナイテッド!

後半

讃岐のフリーキック。

蹴るのは重松。

強烈なシュートだが大西の正面。

ふう。

最終ラインを高く上げてきた讃岐の裏を鹿児島が狙うが決定機まではいかず。

55分

中原秀人が右サイド深くへ三宅を走らせるパス。

三宅は追いつく。

クロスを上げる!

中には酒本!

胸でトラップ!

しゅーーー

牛之濵と重なったぁ。

シュート打てず。

惜しい!

ビルドアップてパスコースが無い。

64分

讃岐、渡辺に代えて池谷。

65分

鹿児島、三宅に代えて五領。

五領の動きは相手を崩すのに効果的だなぁ。

全体的にボールを受ける動きが無くなっている。

73分

讃岐、松本に代えて森川。

重松に代えてブラウン ノア 賢信。

74分

鹿児島、田中奏一に代えて砂森。

藤澤が右サイドバックに移動、砂森はいつもの席に。

鹿児島は時間を使う。

もう、守り切る感じだなぁ。

82分

讃岐、岩本に代えて全 山海。

84分

鹿児島、酒本に代えて薗田。

85分

秀人と砂森の呼吸が合わずボールを奪われる。

栗田が拾い、池谷とワンツー、さらに右サイドの柳田に開く。

柳田は狙いをすましたクロス。

中央で待っているのはブラウンノア賢信!

ドンピシャー!

賢信、ヘディングで飛び込む!

大西!

キャッチ!

正面で助かったぁ。

あっっっっっぶねぇぇぇぇぇ!

アディショナルタイムは5分。

5分は長いよー

笛。

総括

ぱちぱちぱちぱち

ホーム開幕戦。

勝利ですっ!

よっしゃぁあ!

はい、ぱちぱちぱちぱち

いやぁ、素直に嬉しいですね。

結果を求めて、しっかり結果をだす。

ホーム開幕戦の勝たねばならないところでしっかり勝つ。

いやぁー、良かった、良かった。

はい、ぱちぱちぱちぱち

早々と先制点を手に入れたことでゲームのテンポを落とすことになった。

雨が非常に強く、どんなハプニングがあるか分からないのでセーフティーなプレーが多かった。

物足りない試合にも見えたが勝利を目指して必死に闘っていたので満足ですね。

そして無失点。

大西のなぜか正面!とかポストもあったけどしっかり無失点。

そして、何よりこの試合のノルマは勝利。

ノルマの達成、素晴らしい。

はい、ぱちぱちぱちぱち

田辺のフリーキックは凄かったなぁ。

しかも試合開始直後の時間。

前節は失点してしまったがこの試合は得点。

チームに余裕と安心が生まれた。

落ち着いて観れた試合になった。

フリーキックがあると思うと相手もファールを恐れてプレーが萎縮してしまう。

武器は沢山抱えていた方がいいに越した事はない。

試合終盤まで讃岐もバランスを崩してまでの前からのプレッシングはしてこなかった。

しかし最後は栗田マークアジェイとブラウンノア賢信並べるという反則すれすれの行為。

高さがあるだけで何か起きるかもしれないから怖いわー

そして讃岐は4トップ。

鹿児島は田辺を下げて5バック。

みんな足にきてた。

が、防ぎきる事に成功。

青山は落ち着いていた。

そしてチームを落ち着かせていた。

最後は足に来てたがよく耐えたよ。

三宅の勢いもまだまだ継続中。

馬場へのサポートが薄いのでトップのところで時間が作れない。

トップで時間を作りディフェンスラインの押し上げる。

それが出来ないので二次攻撃、三次攻撃を受けてしまう。

修正する必要があるなぁ。

砂森の重要性を再確認することにもなった。

いつもビルドアップ時ではキーパーやセンターバックからの受け口となっていたのは砂森。

砂森がいないことで後ろからのビルドアップが上手くいかない。

牛之濵が生きる機会もなかった。

ホーム開幕戦で見事勝利!

はい、ぱちぱちぱちぱち

無失点で。

はい、ぱちぱちぱちぱち

そして次節から部分的に観客を入れる。

戻ってきたぁ。

がんばれ!鹿児島ユナイテッドFC!

music.jp

黒酢サプリメント【くろす美人丸】

コメント

  1. かわいだ より:

    勝ちもしたあ。
    わっぜえ雨で「中止じゃないの?」と心配するほどでした。(例年なら中止かも)
    内容はまずまず。コンディションのせいにしたらいかんけど、技術の差は見せられず。
    それでも海斗のキレキレ感と奏一の躍動感は救い。田中奏一は元々推しだけど、去年出られなかった分気合十分だなあ。ポジション争いもはげしいなあ。
    海斗はキレキレ時の五領感あり。まだまだ上がるとすれば楽しみ。
    ここもポジ争いに期待。

    問題は高齢ツートップなんだが、メンタルの支柱としてシャケはいる。けど大事に使わないと擦り切れないように。
    馬場は安定はしてると思うんだが怖さがほしいね。
    後半の切り札のほうがよいの?
    園田か、次は10番和田凌くんがみたいね。

    これから天候不順に過密スケジュール。
    総力戦でキバレ!!

    • えどづめ より:

      コメントありがとうございます。

      勝ちましたね。
      勝利が何より。

      そしてかわいださんの言う通りポジション争いが激しくなりそうですね。
      総力戦でキバリましょう!!