開幕したもののチームは課題だらけ、、、熊本戦レビュー『熊本対鹿児島』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめの2020J3第1節、ロアッソ熊本戦ゲームレビュー。

明治安田生命J3リーグ第1節開幕戦、アウェーでロアッソ熊本戦、3-2で敗戦。

おーい。

6月27日の土曜日。

雨。

熊本のスタメンは、

GK、内山、DF、黒木、鈴木、酒井、石川、MF、岡本、上村、中原、相澤、FW、谷口、高橋。

鹿児島のスタメンは、

GK、大西勝吾、DF、野嶽惇也、藤原広太朗、水本勝成、砂森和也、MF、中原秀人、田辺圭佑、萱沼優聖、牛之濱拓、酒本憲幸、FW、馬場賢治

ベンチに、畑実、青山直晃、田中奏一、井澤春輝、三宅海斗、薗田卓馬、ジョン・ガブリエル

さあ、開幕!

ガンバレ!

前半

さあ始まったよ。

頑張れ頑張れぇー

いきなりキックオフかい。

ボール回しもしないで。

4分

熊本のショートコーナーからハンド気味のプレーもありながら石川の巻いてのシュートがゴール右上隅に入って熊本先制!

、、、

、、、

、、、えっ!

なんだよー

始まったばっかだよ。

気持ちが入ってないでしょ。

寄せが遅いよ。

本番でしょ、これ。

練習じゃないのよ、集中集中!!!

まあ、早めの失点で目が覚めればまだましかな。

まだ90分残ってるしね。

集中集中!!!

大西と高橋の交錯で試合がストップ。

お互い無事で何より。

熊本は前からアグレッシブに。

鹿児島は間延びしてパスが繋がらない。

15分

完璧に裏を取られて中島から岡本への裏へのパス。

オフサイドじゃない!

キーパー大西と一対一!

岡本は中に折り返す!

谷口!

熊本2点目!

、、、

、、、

、、、

、、、

、、、

おいおいおいおいおいおいおい!

おい!

簡単に裏を取られ過ぎ!

狙ってきてるな、熊本は。

これからも裏狙いやってきそう。

バックは熊本の後ろからの追い抜きに気を付けて。

野嶽お兄ぃもしっかりついて行ってシュート打たせちゃだめよ。

ボランチの影が薄い。

ショートコーナーからそれはそれは綺麗に崩される、、、が野嶽惇也がスライディングで防ぐ。

酒本のパスから馬場、、、には繋がらず。おしい。

42分

鹿児島のビルドアップを中盤で囲まれルーズボールへ。

熊本の相澤が大きくバックパス。

牛之濵!

バックパスに先に追いついたのは牛之濵!

落ち着いて右足でシュート!

左隅に流し込みゴール!

ヨシ!

キーパー触れず。

牛之濵はシュートが上手いなぁ。

落ち着いたキーパーとの一対一は外さない。

馬場が中盤に下がっていたので牛之濵が代わりにトップの位置にいたのが幸いか。

ラッキーなゴールではあるが1点は1点。

前半終わる前に1点返したのは大きいね。

アディショナルタイム5分。

2-1で後半へ。

前半終了

熊本の勢いにアップアップの立ち上がり。

熊本は鹿児島センターバックへの激しいプレスとボランチへのパスコースの遮断。

無理やりボランチ追い越して長い縦パスを送るも、ことごとくカットされてしまう。

ひたすらゴール前で守りに徹してしまった。

熊本は鹿児島の高い守備ラインを逆手にとって裏を狙う。

前線の3人がそれに追いつく動きをサボらない。

キープが出来れば後ろからのサポートと追い越していく熊本。

さらに裏へのパス、サイドをえぐってクロス。

熊本の運動量についていけなかった。

鹿児島はパスのテンポが良くない。

折角良い形が出来ても縦に急ぎ過ぎてしまいチャンスを無駄にしてしまう。

ビルドアップも出来ない。

ボランチがビルドアップに加われていない。

マークが付いているとしても外してボールを受けなければボールは前に運べない。

キーパーのビルドアップ不参加も気になる。

大西の立ち位置が低すぎる。

パスのコースが一つ増えるだけでかなり楽にボールを回せるのに。

攻撃の時間を増やそう。

そしてゴール前の回数を増やそう。

ゴール前では一工夫を。

正直良くない出来だなぁ。

熊本の勢いに押されているのか、ただ鹿児島が重いのか、、、

もう本番だからね、コレ。

サッカーができる喜びを弾けるように表現してもらえないかねぇ。

昨年もこういう前半はあったし後半見違えるようなプレーを見せてくれることもあった。

雨だとプレーの質は落ちるけど、ドラマが起こることも雨だった。

一発かましてくれっ!

がんばれ!ユナイテッド!

後半

鹿児島は野嶽惇也と萱沼̬優聖に変えて田中奏一と三宅海斗を投入。

右サイド2枚替え。

いきなり三宅の勢いあるプレー。

いいよ!

三宅の折り返しに馬場がゴール前に走り込む。

鈴木が滑ったので馬場はフリーでキーパーと一対一!

外したぁ、、、

馬場はゴール前への入り方は上手いね。

雨が、、、すんごい、、、

58分

中原秀人が右に大きくサイドチェンジ。

駆け上がっているのは田中奏一。

ボールコントロールが難しくスピードが落ち一旦三宅に下げる。

三宅はドリブルを仕掛けるも抜き切れず中央へドリブル。

牛之濵へパス。

牛之濵、中原秀人に下げる。

秀人はアウトでゴール前に上げてくる!

そこに走り込む三宅!

ジャンピングボレー!

外れたっ!

くうぅぅぅっ!

流れは美しかったよ。

三宅のパスした後にゴール前に走り込む動き。

それを見逃さなかった秀人。

そしてジャンピングキッーク!、、、いやシュートか、、、

おしい、おしいよ、決まってたらこのシュート、後々まで語り継ぎたかったぁ!

「あれはコロナの後じゃったぁ、三宅は鹿児島デビューじゃったな」とか、、、

秀人のシュートはゴール左へ。

60分

熊本のゴールキックから一発で熊本の中原が抜け出しキーパーと一対一になるも水溜りに捕まりシュートまで行かず。

ラッキー、ラッキー。危ねぇ、危ねぇ。

サンキュー!水溜りっ!

62分

田辺のバックパスが水溜りに捕まり大西まで届かず!

谷口にかっさわれる!

決定的ながらも何とか防ぐ、、、

ざっけんな!水溜りっ!

63分

熊本、上村に代えて伊藤。

64分

砂森が滑ってしまうなどあり右サイドからクロスを上げられる。

谷口がヘディング!

ゴール!熊本3点目!

、、、

、、、

あっさり!

簡単に!

谷口フリーだったし、、、

もう!

藤原の足が攣ってるなぁ。

70分

酒本に代えてジョン・ガブリエル。

藤原に代えて青山。

熊本、黒木に代えて衛藤。

76分

熊本のカウンターの流れからクロスのこぼれ球を相澤が拾ってミドルシュート!

大西の手をすり抜けて、、、ゴール!

、、、

、、、ん?

いや、オフサイド!?

うん、高橋がシュートコースに関与して、、、、、

うん、オフサイド。

ふう、危ねえ、危ねぇ。

びびった、びびった。

ラッキー、ラッキー。

82分

ゴール正面やや左の絶好の位置でフリーキックを獲得。

キッカー田辺。

左足でシュート!

壁!

、、、

おや?

PK?

うっそ、まじで!?

うんうん、手に当たってるしその手も上に上げてるね、PK!PK!

83分

キッカーは馬場。

右隅にきっちり決めて馬場ゴール!

よし!

1点差!

同点に、同点にしよう!

86分

三宅が巧みなトラップで酒井をかわしゴール前までドリブル。

ペナ内で切り替えしてシュート、、、はブロックされるがオーバーラップしてきた秀人の前にボールがこぼれる。

左足でシュート!

内山ぁ!

熊本キーパー内山に弾かれてしまう。

くうぅ!

さらに青山の持ち運びからチャンスを作る鹿児島。

ジョンガブのシュート!

内山ぁ!

熊本キーパー内山に弾かれてしまう。

ジョンガブのシュートは押さえが効いてて良いシュートだった。

さらにさらにコーナーの流れから三宅の巻いて巻いてシュート!

左隅に良いコース!

内山ぁ!

熊本キーパー内山に弾かれてしまう。

な・ん・で・!

87分

石川にイエローカード。

90分

熊本、相澤に代えて河原。

熊本、谷口に代えて坂本。

馬場の落しから牛之濵が三宅に。

三宅トラップが大きくなるも左足でシュート!

内山ぁ!

熊本キーパー内山に弾かれてしまう。

おいっ!

アディショナルタイムは4分

笛。

総括

鹿児島ユナイテッドFCの2020年が始まった。

いやーこの感じだよね、応援しているチームが負けてしまう悔しさ、、、

このなんとも言えない気持、、、

「ぐんっ、、」って思わず力が入り奥歯を噛み締めるプレーの瞬間。

待ってました、Jリーグ。

鹿児島ユナイテッドFCのサッカーも帰ってきた。

良い意味でも悪い意味でもね。

ゲームへの入りが悪い癖は変わっておらず。

始まって3分半で先制されるなんて去年と何ら変わってないじゃん!

セットプレーからの失点だし!

2失点目も大西の怪我の治療中断明けだし!

3失点目も選手交代した後すぐだし!

ちゃんと集中するタイミングでは集中して対応しなさい!

ピッチが悪いと良いゲームできないし!

アウェーだし!

そういう時は大体ダメ!

帰ってきました愛しの鹿児島ユナイテッドFCが。

まだまだチームが出来ていませんね。

課題点は沢山。

でもそれがノビシロですよ!

昨年活躍した藤澤、ニウド、八反田、五領、枝本もいるし。

中村健人や野嶽寛也ら若い選手もいるし。

誰が結果出してポジション取るのかも楽しみですね。

今年は皆にチャンスがあると思うのでしっかりそのチャンスをものにして欲しいですね。

今日も一人いました。チャンスをものにしそうな子が。

前半の鹿児島は見れたもんじゃなかったけれど、後半は大分良くなりましたね。

前線からしっかりプレスに行くことで熊本に正確なキックを蹴らせず鹿児島の時間になった。

ボランチも田辺が下がり目で秀人が前でと、入れ替えたように感じたけれどそれも良かったのかな?

後半の15分までで同点に追いついておきたかったけれど良い時間の時になかなか得点が奪えないのも昨年からの悪癖でしょうか。

酒本、藤原の運動量が落ちて鹿児島は勢いがなくなって失点してしまった。

三宅、田中奏一の右サイドは負け試合ながらも今後に希望を持たせてくれましたね。

田中奏一のダイナミックなオーバーラップは味方を元気付けるだけじゃなく相手にとっても脅威になってました。

そしてなんといっても三宅ですね。

技術があまり高い選手ではないけれど、常に前を向いてゴールを狙っているところが良かった。

気持も前面に出して得点するんだ!勝つんだってプレーが感じられたのは観ていてとても気持がいい。

そんで三宅は考えている事がトリッキー。

何してくるか読めないところがあるのでワクワクする選手ですね。

味方もまだ、三宅が何するか分かってないけれど、、、(笑)

鹿児島の選手、監督コーチ、スタッフ達のバックスタンドへの挨拶。

良いシーンだわ、、、、

好きだわぁ、こういうの。

こういう事されると「はい、今年もちゃんと応援します」って気持になりました。

がんばれ!鹿児島ユナイテッドFC!

music.jp

黒酢サプリメント【くろす美人丸】

コメント

  1. かわいだ より:

    おやっとさあ、
    2年前昇格の年、3.11開幕戦はなんと!!
    ホームでとつとりに0-2完敗(-_-;)
    レオナルドにチンチンにやられたやつ。
    それでも昇格したど。みちょけよ。

    それでも、カマタマ・いまばり・U23オーサカズと油断はできん争い。
    ウチも新しいセットで地力を見すっど。

    土曜はみやけ海斗がたしかによか~た。楽しみ。中村けんとNo.7もみたい。
    推しののだけ兄も出られたが、荒天でさんざん。
    好天で後半に相手をぶち切るところがみたいね。
    我々はわすれない、昇格試合とJ2開幕戦の決勝Gのアシストを。

    • えどづめ より:

      ありがとうございます。

      2年前は黒星スタートでしたか。ふむふむ、これは今年、昇格ですね!

      次はホーム開幕戦。
      しっかり勝ってもらいましょう。
      何はともあれ、サッカーが始まったので楽しいです。

  2. 島津義弘 より:

    大変勉強になりました
    優勝して今年の特殊なレギュレーションになった
    天皇杯出場権を勝ち取ってほしいです