鹿児島は何をやろうとしたのか。柏戦レビュー『柏対鹿児島』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第40節、アウェーで柏レイソル戦、3-0で敗戦。

ぐぬぅう。





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

11月9日の土曜日。

秋晴れ。ってか暑いよ。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

10,729人の観客。

柏のスタメンは、前節より4人変更

GK、中村航輔、DF、川口尚紀、山下達也、鎌田、古賀太陽、MF、三原、ヒシャルジソン、江坂任、クリスティアーノ、瀬川祐輔、FW、オルンガ。

鹿児島のスタメンは、前節より1人変更

GK、アン ジュンス、DF、酒本、水本、堤、砂森、MF、中原秀人、ニウド、萱沼、枝本、牛之濵、FW、韓勇太

ベンチに、大西、平出、藤澤、八反田、五領、田上、ルカオ。

ガンバレ!





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

前半

柏の川口が右サイドを突破してゴールラインぎりぎりでクロスを上げる。

ファーサイドで瀬川が受けて、巻いてコースを狙うシュート、は、外れる。

おいおい。

かなりコンパクトな両チーム。

鹿児島はボールが足に付いていない。

7分

三原の高く前に蹴ったボールをオルンガ水本が競る。

オルンガが勝ちヒシャルジソンにボールがこぼれる。

クリスティアーノにスルーパス!

クリスティアーノがゴールライン際で追いつきオルンガめがけてクロス。

がヘディングでクリア。

ヒシャルジソンの前にボールがこぼれる!

ヒシャルジソン、シュート!

決まったぁ!

ノォー!

鹿児島は前からの守備を外され三原に蹴られてしまう。

水本がオルンガに競り負けフリーのヒシャルジソンにボールが渡る。

余裕を持ってのスルーパス。

クリスティアーノの余裕のクロス。

堤がボールに触るも、再びフリーのヒシャルジソンへ。

難しいバウンドながらも枠に入れるシュート技術。

前からの守備を外されたところで鹿児島の後手後手の守備が始まる。

柏は全てでダイレクトプレーをしているので、後手後手の状態を立ちなおせずにゴールを決められてしまった。

ここ最近の、後ろはしっかりリスク管理をした上で前への守備をするという事が出来ていなかった。

オルンガ強いし。

クリスティアーノは狙ってるし。

ヒシャルジソン、決めるし。

落ち着こう。

枝本のシュートは中村航輔の正面。

20分

柏のコーナーキック。

キッカーはクリスティアーノ

鋭いボールがファーサイドに!

ジュンス倒れてる!

江坂!

ヘディングで決めた。

ぬう。

クリスティアーノの素晴らしいボール。

ニウドが触るも、触っただけでクリアできず。

飛び込んできた江坂に決められてしまった。

江坂の動きは上手かった。

ジュンスが三原に倒されていたようだが、、、

鹿児島の選手も審判に話にいっていた。

しかし覆る事もなく。

うーん。

柏のカウンターからクリスティアーノのシュートはジュンスの正面。

36分

三原、イエローカード

柏のカウンター。江坂のシュートをジュンスが止める。

ヒシャルジソンが右のクリスティアーノへ。クリスティアーノはオルンガにクロスをあげるがジュンスがパンチング。

アディショナルタイム2分。

47分

中原秀人から右サイドでフリーの酒本にボールが出る。

酒本は前に萱沼を使うが萱沼のクロスはブロックされスローインに。

萱沼が酒本に入れる。

酒本は瀬川と古賀の間を通し萱沼に戻す。

萱沼がペナ内に侵入!

後ろから入ってきた牛之濵にマイナスのボール!

牛之濵トラップしてシュート!

中村航輔!

ブロックされるっ!

ノォッ!

サイドでは隙があったが中央では集中されていた。

萱沼のクロスまでは完璧だった。

しかし牛之濵には柏守備陣がしっかりマーク。

それでも牛之濵はシュートまでいけたが、ゴールを割るまでには行かず。

マークも付いていてブロックにも体を投げ出していたので中村航輔にもシュートコースが限定されていた。

2点ビハインドで後半へ。





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

前半終了

先制点が全てだったか。

柏の緊張が解かれて柏のゲームになってしまった。

プレーのひとつひとつがワンタッチで行なわれていたので受け手が常に余裕のある状態。

余裕があるので正確にプレーがしやすく、鹿児島の守備はいつまでも追い付けない。

ヒシャルジソンのシュートもダイレクトだったのでジュンスも防ぐ事が出来ず。

あれ、枠に入れるかねぇ。

柏に良さを見せつけられての前半だった。

ボールを失っても切り替えが早く勢いをつけてボールを本気で奪いに来る。

鹿児島はパスコースを見つけられずとにかく蹴る破目に。

ボールを失う。

柏にテンポ良くボールを回され鹿児島は前からの守備が機能しない。

裏を狙うボールや大きくサイドチェンジをされる。

長いボールも早くて正確なので鹿児島は下げられてしまう。

オルンガ、クリスティアーノが前線で圧倒的な存在感。

鹿児島のディフェンスは翻弄されてしまう。

ディフェンスラインと中盤の間が空いてしまい、そこを江坂、ヒシャルジソンに自由に使われてしまう。

鹿児島はボールを前に運べなかった。

柏の組織的な守備によりパスコースを見つけられない。

酒本のところで狙われてしまいビルドアップがままならない。

無理なパスを「待ってました」と奪われてしまう。

相手に負けないくらいにボールを受ける作業が必要だ。

ボールを受ける勇気が必要だ。

期待できるものは牛之濵のドリブルか。

砂森もなかなか上がれていないのでサポートは無くチャンスの数も少ないが、ドリブルを糸口にして何とか打開して欲しい。

がんばれ!ユナイテッド!





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

後半

萱沼out、五領in

砂森のクロスは大きい、、、

クリスティアーノのクロスは中で合わず。

ふう。

柏は前線からの守備を抑えて後ろを固めてカウンター狙いにチェンジ。

鹿児島は多少ボールが持てるようになる。

オルンガがスルーパスに抜け出しジュンスと一対一!

ジュンス、ブロック!

ヨシッ!

55分

ヨンテout、ルカオin

ルカオのシュート。

流れを変えたい。

サイドでルカオが基点を作ろうとしている。

63分

柏のコーナーキック。

キッカーはクリスティアーノ

鋭いボールがニアに!

オルンガ!ヘッドッ!

決まった。

んーだよっ!

クリスティアーノのボール良すぎ。

オルンガにぴったり。

オルンガ高すぎ。

動きも上手い。

牛之濵が中央で枝本とワンツーを仕掛けるも潰されてしまう。

オルンガ江坂のカウンターは最後合わず。

牛之濵のドリブル突破。

68分

柏陣地深くの柏のスローインを奪い、ルカオがフワッと中央に上げてくる。

五領がヘディングで落とし枝本が振り向きざまシュート!

中村航輔、ブロック!

ウゥン!

69分

鹿児島が更に押し込む。

五領が中央に速いパスを入れる。

中原秀人を通過し牛之濵が秀人に落とす。

秀人が巧みなボールコントロールで左足でシュート!

中村航輔!

ブロックされる!

なんでッ!

あとは中村航輔だけのチャンスが続いた。

江坂オルンガでボール保持。

ゲームを落ち着かせてしまう。

柏の流れに戻ってしまった。

76分

柏、クリスティアーノout、マテウス・サヴィオin

78分

酒本out、藤澤in

80分

柏、古賀out、菊池大介in

江坂からオルンガへカウンター。

オルンガ、キープして中に折り返す。

マテウス・サヴィオ、、、の後ろから瀬川がシュート!

ジュンス、キャッチ!

ほう、危なっ!

84分

柏、三原out、手塚in

カウンターからオルンガのシュートもジュンスの神セーブ。

アディショナルタイムは4分

笛。

総括

強い。

レイソルは強かった。

鹿児島の狙いは失点をせず、出来るだけ時間を進めてレイソルの焦りを引き出し慌てさせる。

その鹿児島の目論見を簡単に消滅させる先制点。

ダイレクトで繋ぎ鹿児島に守備すらさせず得点を奪う。

そしてセットプレーから追加点。

鹿児島守備がオルンガをマークするところより奥に飛び込み江坂がゴール。

三原がジュンスの動きを止めていたがそれもまた上手さか。

そして技術の違いを見せつけられた。

攻守の切り替えの速さ。

ボールを奪う時の本気度、強さ。

パスの正確さ。

どこにパスを出すかの判断の正確さ。

足下へのパスと裏へのボールの使い分け。

スルーパスの狙いの、出し手と受け手の一致。

トラップの正確さ。

ボールを受けるポジショニング。

パスコースを限定させるポジショニング。

ファールの受け方。

ゲーム運び。

前半で2得点したレイソルは、後半勝利を確実なものにするため無理をせず隙を作らないように。

押し込まれる時間もあったが、守護神中村航輔がゴールを割らせない。

江坂やオルンガが落ち着かせて立て直す。

そのままゲームは終わる。

完敗と言ったところか。

これがJ1に昇格するチームなのだ。

鹿児島は5試合負け無し、その間1失点だった。

攻守のバランスを重視しラインを下げぎみにし、まずは失点しない。

それで失点を減らしてきた。

しかし柏戦ではラインを高めに設定してきた。

ディフェンスラインが高いと柏の得意なプレーを出させる形になってしまう。

オルンガ、クリスティアーノが裏を狙い一発で仕留める。

カウンターや速い攻めが得意なレイソルには逆効果の守備戦術だ。

なぜ、前5試合のようにやらなかったのか。

やろうとしたが出来なかったというだけかもしれない。

ただ、鹿児島はチャレンジしてみたかったのではないか。

今年一年の積み重ねてきたものをレイソルにぶつけてみたかったのではないか。

本気のレイソルと正面から戦う必要があった。

J1に上がるチームはどの程度の力を持っているのか。

そして確認したかったのではないか。

現状の力の差と、これから何が必要なのかを。

どこまで行けばJ1に上がれるのかを。

ユナイテッドの将来のために。

J1に上がるために。

どれだけ差があるのかを体感する。

何がこれから必要なのかを確認する。

このレイソル戦を基準としてこれから向上していかなければいけない。

長い目で見て必要な敗戦だったとなるように。

そのために正面から戦ってみた。

そう思えて仕方ない。

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!

観戦記

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。おもてなし。

トイレにおもてなしが。嬉しいね。ありがとうございます。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。日立台来たよ。

来たよ、日立台。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。頑張れ!

頑張れっ!

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。頑張っていきましょう!

頑張りましょう!

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。レイソルの気合。

柏レイソル、気合入ってる、、、ビッグフラッグ。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。コレオも。

コレオもやんのかい。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。試合開始。

試合開始。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。太陽は沈むも太陽王は強かった。

レイソルつおい。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。試合終了。

試合終了。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。お疲れ様です。

お疲れ様です。

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第40節、柏レイソル戦「三協フロンテア柏スタジアム」観戦記。お疲れ様。

お疲れ様。





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

コメント

  1. かわいだ より:

    おやっとさあ、「あの」かしわに行かれたんですね。ご苦労様でした。

    見られてないのですが、一つだけ。

    セットプレーで点が取れなさすぎ。言っちゃわるいが攻め込んでも相手がCKに逃げていやがってないもん。
    見ててもCKになると最近「あああ」となってしまう。一生懸命やってるんだろうけど。

    セットプレーで点を取ると勝つ!!

    ホーム栃木戦のCKから2点、愛媛戦のFKから2点。いうことなしやった。
    他にはやられた覚えしかないんあ、困ったことに……

    さあ、いよいよホーム最終戦、CKでもなんでも点とって勝とうぜ。
    水戸だからって恐れるな。
    キバレ、大西(か山岡)。キバレ、ユナイテッド
    いっど白波

    • えどづめ より:

      いつもコメントありがとうございます。
      仰るとおり、セットプレーで全然得点できない!
      確かにセットプレーで点を取ったら良いイメージしかないですね。
      ホーム最終戦は勝たないといけませんね。
      キバレ、ユナイテッド!