残留には貴重な引き分けと自信を深める無失点。岡山戦レビュー『鹿児島対岡山』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第39節、ファジアーノ岡山戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第39節、ホーム白波でファジアーノ岡山戦、0-0で引き分け。

うん、うん。





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

11月2日の日曜日。

晴れ。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

5,422人の観客。

岡山のスタメンは、前節より変更無し。

GK、一森、DF、増谷、増田、チェ ジョンウォン、廣木、MF、喜山、上田康太、関戸、仲間隼斗、FW、イ ヨンジェ、赤嶺。

鹿児島のスタメンは、前節より1人変更

GK、アン ジュンス、DF、酒本、水本、堤、砂森、MF、中原秀人、ニウド、五領、枝本、牛之濵、FW、韓勇太

ベンチに、大西、平出、藤澤、八反田、田上、和田、ルカオ。萱沼がイエロー累積で出場停止。

ガンバレ!





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

前半

大きくスタメン変更が無いという事は監督が自信を持っているということ。

自身をもってプレーしよう。

2分

鹿児島の立ち上がりは体が軽そうで切り替えが速い。

奪われたボールを五領が素早くプレスにいって奪い返す。

砂森を経由して牛之濵のシュート。

いいよ、いいよ。

7分

岡山の攻撃。左サイドの仲間から逆サイドの関戸へのサイドチェンジ。

関戸はトラップして中央に入れてくる。

ゴール前にいるのはイ ヨンジェ

イ ヨンジェ、シュート!

水本、ブロック!

あっぶねっ、

こぼれ球をがクリア。

枝本に渡る。

よしっ、カウンター!

枝本はヨンテに出す。

ヨンテの前にはチェ ジョンウォン

行くてを阻まれる。

カウンターのスピードが落ち、岡山の守備が戻り陣形を整えたため一旦中原秀人に下げる。

秀人は右の酒本へ。

酒本がペナ角の牛之濵に縦パスを入れる。

牛之濵ゴールを向いてシュート!

キーパー、一森キャッチ。

うんうん。シュートまで行けてるのは良いこと。

カウンターの状態でシュートまで持って行きたかったが、、、

鹿児島はなんか余裕がある。

酒本、五領のクロス。

鹿児島は最近、シンプルにクロスを上げるようになった。

ビルドアップのニウドが狙われている。

鹿児島は落ち着いている。

イ ヨンジェのプレス、ポストプレーが効いている。

24分

岡山のビルドアップ。

鹿児島はパスコースを消していく。

岡山は後ろに下げる。

鹿児島は徐々に押し上げていく。

ボールを奪おうと距離を詰めていく。

しかし右サイドバックの増谷がワンタッチでボランチの喜山へパス。

喜山フリー。

上げていた鹿児島ディフェンスの裏にスルーパス。

仲間隼斗が抜け出したぁ!

オフサイドはない。

キーパーと一対一!

ジュンス!

ブロック!

今日も神!

ジュンス、神!

今のラインの上げ方は不用意だったなぁ。

しっかりボールを奪う。

自由にプレーをさせない。

オフサイドを取る。

どれも出来なかった。

ジュンスが神で助かった。

32分

鹿児島が岡山を押し込み攻め手をうかがう。

ディフェンスラインで大きく左右に振る。

砂森がボールを持った時、前の五領が裏に走る。

砂森が浮かせて裏を狙った縦パスを入れる。

五領にピッタリ。

五領、増田を振り切りクロスを上げる。

中には枝本が!

枝本シュート!

チェ ジョンウォン、一森キャッチ!

くぅー!

惜しい。

鹿児島の縦パスは足元が多いので、ちょくちょく一発裏を狙うのは効果的。

岡山ディフェンスの対応が遅れた。

41分

鹿児島の攻撃。

酒本から右のコーナー付近へのパスを枝本が受ける。

枝本はシンプルにクロスを入れてくる。

牛之濵がトラップするもシュートは打てず、、、

後ろの秀人にパス。

秀人も打てず、、、

後ろのニウドにパス。

ニウド、ミドルシュート!

サイドネットォー!

外れたぁ。

後ろに下げるだけでなく横にずらしたかったなぁ。

上田康太のサイドチェンジから危ない場面。

関戸のシュートが大きく外れる。

あっぶねぇ。

アディショナルタイム1分。

スコアレスで後半へ。





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

前半終了

過密日程を鹿児島は上手く使った。

岡山は前節の試合から一週間空いた。

鹿児島は水曜日に岐阜戦をこなしており中2日の連戦だが、頭の切り替えをする必要が無いからなのかスムーズに試合に入れている。

岐阜戦の結果も良かったので肩に乗っていた重荷を置けたようだ。

軽やかというか余裕があるように試合に臨んでいる。

鹿児島は落ち着いてプレーが出来ている。

リスキーなプレーは抑えて無理そうなら前線へとりあえず蹴る。

サイドバックの上りは控える。

繋げそうなら繋ぐ。

試合のテンポもそんなに上げる必要もない。

20分あたりから岡山のボランチ喜山が枝本、ヨンテのチェックを強めて、鹿児島のカウンターが打ちずらくなった

岡山の全体のプレスも弱まってきたので、ならばとサイドからボールを運ぶ。

単純にクロスを上げたりもするが決定的なシュートまでは行けず。

もっとシュートの数を増やしたかったが、、、

鹿児島はまずは失点しないこと。

この試合、連戦の3試合目で中二日、相手は上位の強敵、岡山さん。

引き分けでもまぁOKというミッションにのびのび感が感じられる。

失点が減っているのも自信になっている。

岡山はちょっと硬いか。

プレッシャーなのか。

パスミスも見られる。

岡山は勝ちたいだろう。

いや、勝たねばならない。

後半必ず攻撃に比重を置いてくる。

そこをしのげるのか。

カウンターを放てるのか。

受けすぎてしまったらどっかで失点してしまうだろう。

適度に攻撃を仕掛けて相手をビビらせねば守り切ることは難しいだろう。

しかし下手なことをしなければいけるよ。

最低限勝ち点を、できれば3を。

がんばれ!ユナイテッド!





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

後半

大きな変化はなく後半もスタート。

51分

岡山のビルドアップを鹿児島は前線からプレスを掛けて赤嶺のパスミスを誘う。

枝本がピッチ中盤でボールを拾う。

左サイドの五領へ。砂森、五領、秀人、五領とパス交換をしながら中央へ入って行き、牛之濵が再び左サイドに流れて、砂森に戻して、ニウド、砂森、五領、秀人、砂森、、、へのパスは止めて五領、ニウド、秀人が逆サイドに振って、酒本がシュート!

決定的なパスは無かったが、テンポが良く人も動いてたくさんの人が絡んで捕まえずらいパス回し。

いいね。

53分

中盤でのボールの奪い合い。

枝本、ニウドでボールを奪い五領がボールを拾う。

秀人、牛之濵、酒本と右サイドにボールが渡る。

酒本枝本へ縦パス。

枝本はターンして前向いてヨンテへ縦パス。

ヨンテ、何とかボールをキープ。

右の牛之濵にボールを預ける。

牛之濵クロスを上げる。

ファーにふわりとしたボール。

いないよっ!

誰もっ!

ヨンテ、五領、枝本までもがゴール正面にポジションしていた。

鹿児島の選手の距離感がよくパスが回る。

岡山は疲れたのか、抑えているのか。

56分

ジュンスのゴールキックは相手陣地まで飛ぶ。

競ってこぼれたボールを関戸が拾うがニウド枝本で挟んで奪う。

秀人牛之濵へ縦パス。

サイドに流れた秀人へパス。

秀人は酒本へ戻す。

酒本はニウドにパス。喜山が狙っているがニウドは綺麗に喜山をかわす

このニウドのかわしで鹿児島にゆとりができる。

五領に出し、ニウドに戻しニウドがペナルティエリア前の枝本に縦パス

枝本、横の牛之濵へ。

牛之濵ワンツーで返す。

パスが合わない!

ウゥー

枝本には合わず。

関戸にブロックされてペナ内に侵入できなかった。

先程よりも縦パスが入り、もう少しで決定的なゴールまで、、、だった。

いいよ、いいよ。

ニウド、ナイスボール奪取。

59分

岡山のキーパー、一森からのビルドアップ。

チェ ジョンウォンに渡すとミドルパスを仲間隼斗に入れる。

仲間はワンタッチで喜山に落とす。

喜山がポンと前に蹴ってくる。

イ ヨンジェが抜け出した!

オフサイドはない。

キーパーと一対一だ!

ニウド!スライディング!

成功!ナイス、ニウド!

ふう、危ないよ!

しかし岡山のビルドアップが上手すぎた。

長短のパスを織り交ぜ、速いテンポでスルーパスまで。

イ ヨンジェの飛び出すタイミングもバッチリ。

よくぞ、ニウド、戻ってくれた。

61分

ヨンテout、ルカオin

64分

岡山、赤嶺out、山本大貴in

仲間隼斗、ドリブルからのシュート。

ふう、

イ ヨンジェ、強い、、、

鹿児島は間延びしてきた。

酒本の足が限界に。

76分

酒本out、藤澤in

ルカオがカウンターを仕掛ける。

一人でドリブル、シュートまで。

しかしシュートはフィットせず。

82分

岡山のゴールキックを鹿児島が回収。

後ろで落ち着かせながらボールを回し堤が右サイドに大きく振る。

牛之濵が受けてそのまま中央へ。

左サイドの五領に渡す。

ルカオ、砂森、ニウド、秀人とボールが渡る。

中原秀人がボールを持ち出して相手ディフェンダーを引き付けておきながら左サイドに針の穴を通すスルーパス!

五領、ドフリー!

クロス!

これは岡山ディフェンスにブロックされてしまった。

いやぁー

秀人のパス、えげつないね!

ボールを一歩持ち出すことでディフェンスの目が秀人に集中。

その裏をかくように関戸と増谷の間をビシッとスルーパス。

このパスはたまらんなぁ。

84分

五領out、田上in

85分

岡山、関戸out、三村in

88分

岡山、イ ヨンジェout、福元in

90分

ペナルティ前からの三村のミドルシュート。

ジュンス、ナイス。

アディショナルタイムは4分

笛。

総括

岡山が押し込むも鹿児島が凌いで引き分け、、、といった試合か。

正直、岡山は良くはなかった。

ミスも見られたし、ここぞと言うときの制度も高くなかった。

決めきるなにか、あとひとつはこの日のピッチには無かった。

鹿児島は後半になるとさすがに足が止まりだし、押し込まれる時間が増えた。

チーム全体が間延びしてしまい、危ういシーンも生まれたがこの日、それをことごとく潰したのはニウドだ。

中盤で幾度もなく岡山からボールを刈り取る。

ニウドがいなければ、あといくつかは決定的なシーンを受けただろう。

そしてこの日もジュンスは神だった。

キーパーと一対一のシュートチャンスをよくぞ防いでくれた。

「死んでもボールを繋げ」の時期から解放されて「危なければ大きく蹴って良い」になり、ジュンスのプレーの全てに余裕を感じる。

集中しなければならない場所が、攻撃の起点から守備の要に落ち着いたんだろう。

純粋にキーパーの役割に集中できている。

足元の技術もあるキーパーなのでここで一気に成長した感がある。

攻撃のタクトを振ったのは中原秀人。

守備をしっかり整えて、ボールを左右に振り、攻撃にも顔を出し、ニウドとのバランスも取る。

周りとの連携もバツグンだ。

敵を引き付けてからパスが出せるので、パスを受けるほうに余裕をもたらす事が出来る。

さすがに攻撃陣は疲れが出ていた。

ゆっくりリフレッシュして欲しい。

「おはら祭」で気分転換も出来たでしょう。

残り3試合。怪我無く走りきって欲しい。

5試合で失点1。負け無し。

驚きっ!

あんなにボカスカ失点していたのにっ!

これは自身になる。

攻撃に重心を置くのではなくまずは失点しない事を第一にしたことで、得点が減ってしまった弊害はあるがこの次期では最善の選択かと思う。

どうしてもこの時期はどのチームでも順位を気にしてしまう。

勝たなきゃいけないというミッションで得点を奪うという事はやらなきゃいけないこと。

得点奪えなきゃ相手はだんだん焦る。

それは次の柏も同じだ。

大宮との大一番に負けてしまった。

下手すると優勝も危うくなってきた。

次は勝たなければいけない。

下位の鹿児島が相手だ。

絶対に勝たなければいけない。

ホームだし。

必ず勝たなければいけない。

引き分けでもダメ。

プレッシャー。

鹿児島はここ最近の自信を持って柏に挑もう。

柏にどれだけ通用するのか。

何が足りないのか。

それを明確にする事が来年に繋がる。

岐阜は大敗したが栃木は劇的に勝った。

まだ残留は決まっていないが来年J1に上がるであろう柏とどれほどの差があるのかをクラブ全体で確認しなければいけないと思う。

J1に上がるためのレベルを体感しておきたい。

いつかJ1に挑むときの為に。

5試合で失点1。負け無し。

続けよう。

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!





黒酢サプリメント【くろす美人丸】

コメント

  1. かわいだ より:

    おっかやまです、おかやまです、もいちどいうけどおかやまです。

    「Jリーグあるある」を買ってみといてよかった。堪能できました。

    さて、2日の白波は15時開始で暑い暑い、熱い熱い。
    NHKローカルの録画を見直してみると相当続けて声がでてました。
    やっぱいあんぐらい熱をださんと。

    内容はレビューしていただいたとおりで、4.5対5.5くらいで心配したよりずっとましやった。
    中2日の連ちゃんにしては動けてたけど、最後20分はしんどかった。
    シャケと水本がきつそうやった、涙が出た。
    砂森は疲れを見せずに淡々と、鉄人やね。

    3日はおはらまつりで踊り隊。シャケは居酒屋の大将の如くで元気そうやったど。

    さあ、問題の勝ち点が36まで来て、やっぱり40で残留確定となりそうやっど。
    キバレ、かしわ戦

    • えどづめ より:

      いつもコメントありがとうございます。
      桃太郎チャント、スタジアムで聞きたかった、、、うらやましい、、、
      酒本選手は相当足がやばそうでしたね。みんな良く守ってくれました。
      おはらまつりも楽しそうなSNSが沢山上がってて、シャケはお祭のプロって感じでしたね。
      柏戦でも粘り強くキバッてくれっ!