マウントを取るのはどっちだ!愛媛戦、プレビュー『鹿児島対愛媛』『東京V対鹿児島』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめと川崎フロンターレを応援するカワサキさんのJ2第28節、愛媛FC戦ゲームプレビュー。

8月17日、土曜日。

ホーム白波で愛媛FC戦です。

頑張れ!





東京V戦終えて愛媛FCと

カワサキ
イヤー、なんかすごい試合だったね!
えどづめ
もう、たまんないねっ!ジェットコースター感ハンパなかったよ。
カワサキ
なかなかないでしょっ!こんな試合っ!
えどづめ
前半はゆっくりゆっくり。たいした見どころもなくのんびり。でも後半になったらスピードアップし始めて最後の5分&アディショナルタイム4分で怒涛のアップダウン!
カワサキ
2点入れて勝った!と思って、2分で同点にされて、アディショナルで逆転されて、終わった、、、と思ったら同点にして、PKで再逆転だっ!て思ったら、はずしちゃってズコー!
えどづめ
85分から4点入ってアンドPK!だもんね!85分からだよ!
カワサキ
お互いが勝利を逃したわけだけれども、お互いが敗戦を免れた。生きるか死ぬか、、、勝てなかったけれど負けなかった。天国と地獄がコロコロ入れ替わって。でも楽しかったからいっかって!
えどづめ
痛み分けドロー。でも楽しかったよ。勝てなかったのが悔しい気持ちがあるのは当然だし、ここで勝ち点2を失ったと考えると痛いけど、、、、ワクワク、ドキドキ、ショック、絶望、狂喜、ガッカリってこんなに感情を揺さぶられることはないよ。帰り道の鹿児島サポもヴェルディサポも、なんか嬉しそうだったよ。エンターテインメントとしては最高だったからね。
カワサキ
こんなどんでん返しないよ!全米が泣いたレベルだよ。
えどづめ
ラスト5分、衝撃のラスト!
カワサキ
これはいつまでも語れるなぁ。
えどづめ
これは語り草になるでしよ。ヨンテが出場してからがらりと変わったよね。プレスがいつもと違った。絶対に奪ってやろうって本気度があったよ、ヨンテには。
カワサキ
もうヴェルディディフェンスが慌ててたもんね。おっ、急にギア変えてきたなっ、あれっ、やばっ、やばっ、って。
えどづめ
それが得点の起点になったしアシストもあって、終わったと思ってたところでの倒れながらのゴール。
カワサキ
あれはもう何がなんでも結果が欲しいって気持ちだよね。
えどづめ
ヨンテの決意が表現されてたよ。前回出場が無かったしね。ヨンテのnote読んだ?赤裸々に告白。本音というか実情というか。読んだ方が良いやつ。
カワサキ
ヒーローはヒーローで異議はないんだけれどあの直後にヒーローインタビューは酷な話だよね。
えどづめ
かわいそう。立派にインタビューを受けていたよ。うん。
カワサキ
枝本のゴールは良かったよね。鹿児島で初得点。
えどづめ
ジョンソン監督と一緒に琉球から来たからね。プレッシャーやらなんやら、あったよね。
カワサキ
あるよそれは。直接的になくても周りが気を利かせれば気を利かせるほど感じてしまうと思うし。またそれを感じそうなまじめな印象だもんね。
えどづめ
監督に飛びついて喜んでいるのは見ていてこっちもくるものあったよ。
カワサキ
牛之濵のシュートも上手いねー。もう毎回言ってないこの会話。
えどづめ
イヤーでも毎回言いたくなるようなゴールを決めるよね。
カワサキ
鹿児島は前からのプレスでミスを誘って1得点と、左で一度攻めてから右に展開して、そっから中に入れる流れで2得点。この得点パターンはどのチームにも有効だからチームで共有して欲しいよね。
えどづめ
もっともっと再現して欲しいよね。
カワサキ
失点に関してはしょうがないところもあったかな。佐藤優平のゴールはゴラッソだよね。フリーで打たせちゃいけないシュートだったけれど、それにしても佐藤が上手かった。
えどづめ
ジュンスには止めて欲しかったけれど、、、難しいよね。
カワサキ
他の2点もヴェルディだからこそのゴールだよね。あんな崩され方は他のチームではなかなか無いし、ちょっと運が悪かったところではあるよ。
えどづめ
次は愛媛ですよ。ノリノリで鹿児島に侵攻してきますよ。
カワサキ
ノリノリなんだ。
えどづめ
ジェフ相手に0ー2で折り返して後半に3点奪って逆転勝ち
カワサキ
鹿児島と同じ勝ち方!点数は違うけど。
えどづめ
ジェフが後半に足が止まるって鹿児島戦を見て戦略を練ったんだよ。鹿児島のお陰だよね。ジェフ戦の勝ち点3は。
カワサキ
お陰ってのは言い過ぎだと思うが、慌てない要因にはなったかな。
えどづめ
愛媛には前回勝っているからね。ヴェルディにやり損ねたシーズンダブル!やってやりましょうよ!
カワサキ
いいねっ、行こうぜっ!
えどづめ
頑張れっ!





前回の愛媛戦

えどづめ
前回の愛媛戦は5月12日の日曜日、アウェーで19時からのナイトゲーム。

カワサキ
うん。

えどづめ
0-3の完勝

カワサキ
うん。

えどづめ
前半に牛之濵のループ、八反田のミドル、萱沼のPK獲得をニウドが決めて3-0。後半は危なげなく終わらせて、、、って試合でしたね。

カワサキ
鹿児島が良い時だったね。

えどづめ
はい、琉球戦で連敗止めて、長崎にドロー、柏に勝って、愛媛で連勝。鹿児島はそういう時でした。

カワサキ
うんうん。

えどづめ
前回の鹿児島のスタメンは、GK、アン ジュンス、DF、藤澤、水本、堤、砂森、MF、八反田、ニウド、五領、酒本、牛之濱、FW、萱沼優聖、でした。
カワサキ
1トップは萱沼だったんだ。
えどづめ
愛媛のスタメンは、GK、岡本、DF、竹嶋、西岡、前野、MF、長沼、田中、野澤、下川、FW、神谷、吉田、藤本。でした。
カワサキ
はい。
えどづめ
夏の移籍では7月25日に浦和レッズから茂木力也が期限付き移籍で加入。愛媛には2度目のレンタルですね。
カワサキ
うん。
えどづめ
outは7月12日、川崎フロンターレにキーパーの馬渡洋樹が期限付き移籍。
カワサキ
川崎はキーパーが立て続けに怪我しちゃったからね。ダブル馬渡が揃ったよ。
えどづめ
鹿児島は8月15日に、和田凌選手の完全移籍加入を発表していますよ。
カワサキ
おう、獲得、多いね!
えどづめ
和田凌選手はフォワードでして琉球から。
カワサキ
琉球!
えどづめ
ジェフ育ちの24歳。阪南大学に進んで琉球へ。フロンターレの脇坂泰斗やアントラーズの山口一真と同じ年。
カワサキ
脇坂と一緒か。
えどづめ
昨年はジョンソン監督の下で22試合出場、7ゴール4アシスト。でも今年は先発は無し、8試合で1ゴール。その1ゴールは前節の長崎戦で、後半52分の決勝ゴール。
カワサキ
そのゴールを置き土産に鹿児島に来るのね。
えどづめ
主な選手はキーパーに岡本昌弘、DFでは山崎浩介、前野貴徳、中盤だと山瀬功治、下川陽太、野澤英之、吉田眞紀人、近藤貴司、トゥーロンに選ばれてた神谷優太、長沼洋一、FWは藤本佳希
カワサキ
トゥーロンで神谷は10番だったよね。長沼と主力として右サイドを二人でやってた。
えどづめ
愛媛の成績は鹿児島との対戦のあと勝ったり負けたり引き分けたり。
カワサキ
うん。
えどづめ
3連敗の後、3連勝で鹿児島戦です。
カワサキ
うん。

前回の愛媛戦の記事です。

本日晴朗ナレドモ波高シ、愛媛戦、プレビュー『愛媛対鹿児島』
令和元年5月12日、日曜日。 アウェーで愛媛FC戦です。 頑張れ!
着実に進んでいるのが分かって楽しいわぁ。愛媛戦、レビュー『愛媛対鹿児島』
明治安田生命J2リーグ第13節、アウェーで愛媛FC戦、0ー3で勝利。 ...
強者の試合運びと、魅惑のダンス。愛媛戦、感想会『愛媛対鹿児島』
2019年J2リーグ第13節「愛媛FC vs 鹿児島ユナイテッドFC」戦の感想会です。 ...





直近の愛媛と試合展望

えどづめ
愛媛はこれまで、勝ち点32で14位。9勝13敗5分け。
カワサキ
うん。
えどづめ
得点は29点、失点33
カワサキ
得点も失点も比較的少なめ。
えどづめ
愛媛の前節のスタメンは、GK、岡本DFは3で、茂木、山崎、前野、ダブルボランチに野澤、田中裕人、サイドに長沼洋一、下川、2シャドーで近藤、神谷優太、1トップで藤本佳希
カワサキ
はい。
えどづめ
システムは固定してあって人を入れ替えてくる監督ですね。山瀬、吉田眞紀人は使ってくる可能性ありますね。
カワサキ
山瀬はサッカー知ってるからね。いるといないで違うと思うよ。
えどづめ
愛媛は3バックを継続して戦い方が洗練されてきたね。
カワサキ
うん。
えどづめ
甲府、ヴェルディ、金沢に3連敗した後、長崎、岡山、ジェフに3連勝。
カワサキ
何があった?
えどづめ
茂木選手ですね。彼が加入して3バックの右に入ってから3連勝。
カワサキ
ほう。茂木。
えどづめ
10代の頃は年代別の代表に選ばれてたレッズの選手でね。なかなかレッズではトップで試合に出れずにもがいていますね。2016年にも愛媛にレンタルして来ていたのですんなりチームに溶け込んでいます。
カワサキ
なるほど、そういえば聞いたことあると思ってたよ。若い代表だったんだね。
えどづめ
後ろで落ち着かせられるし、長いボールで展開も出来る。起点になるような働きをしています。愛媛は良い時とそんなでも無い時があったんだけど茂木選手が入ってから後ろがしまった感じ。
カワサキ
うん。
えどづめ
チーム自体はコンパクトにして前から守備に行く。このときカウンターを受けちゃう時がある。そこでよく失点してたんだけどね。
カワサキ
攻撃は?
えどづめ
1トップがバックと駆け引きをしてラインを下げて、その空いたバックとボランチの間で2シャドーがボールを受ける。反転してシュートを打ったりワンツーなどで突破してくる。そこがダメでも、中に相手ディフェンスを集中させておいてサイドバックの裏を狙ってクロスを上げてくる。
カワサキ
しっかりしてるね。
えどづめ
1トップ2シャドーに縦パスをガンガン入れてくるんですよ。強気にガンガン。その強気なプレーが良いほうに出ると厄介ですよ。崩されちゃって守備が後ろに下がっちゃう。そうすると愛媛はチームで高くポジションとって攻撃をし続ける。愛媛のやりたいサッカーになっちゃう。
カワサキ
その縦パスをニウドと八反田で自由に入れさせない事が大事だね。
えどづめ
そう、それと鹿児島は前からの守備で愛媛に後ろから自由にさせない事が必要。縦パスだったり大きくサイドチェンジしてくるけど頑張ってそこを自由に蹴らせない。パスの出所を絶対に自由にやらせない。
カワサキ
そんで鹿児島は後ろからどれだけパスを繋げるかか。愛媛のプレスを掻い潜って。自分達のゲームがどれだけ出来るか、マウントの取りあいだね。
えどづめ
そういうゲームになると思います。実力的にもがっぷり四つ。上手をどちらが取れるのか。
カワサキ
勝負にも試合にも勝ちたいね。
えどづめ
もちろん!勝ちますよっ!
カワサキ
シーズンダブルッ!
えどづめ
勝とう!





濃密な関係の薩摩と松山

えどづめ
前回は村上海賊やら秋山真之と東郷平八郎の事を話したね。
カワサキ
そうだったっけ。
えどづめ
覚えてないね。
カワサキ
忘れちゃった。
えどづめ
愛媛といえば、、、
カワサキ
ミカンですね。
えどづめ
温泉といえば?
カワサキ
道後温泉。
えどづめ
夏目漱石の坊ちゃんの舞台は?
カワサキ
松山。
えどづめ
その松山の伊予松山藩は島津家と深く関係があってね。伊予松山藩は代々松平家が藩主として治めてたんだ。
カワサキ
松平?
えどづめ
松平は徳川家康の旧姓でね、家康は松平元康と名乗っていました。
カワサキ
うん。
えどづめ
そして家康とお父さんが違う弟が松平定勝。母親が同じで父親が違う兄弟。お父さんが久松俊勝といったことから伊予松平家のことを久松松平家と言うんだ。この定勝の息子が松平定行。徳川家康の甥っ子になる人。
カワサキ
うーん。もうついていけない。。。
えどづめ
松平定行が伊予松山藩の松平家初代藩主。だから伊予松平家は幕府の親戚だったんですよ。定行は幕府の要職にも就いて4代将軍徳川家綱を補佐する役目もしてたんだ。
カワサキ
ほう。
えどづめ
道後温泉の整備松山城天守閣の改築をして今の松山のベースを造った人。
カワサキ
うんうん。
えどづめ
この定行の奥さんが島津義弘の息子の島津家久の養女、千鶴姫。後の長寿院殿
カワサキ
そうなんだ、親戚じゃん。
えどづめ
ぜも残念な事に26歳で亡くなってしまうんだ。
カワサキ
えっ!若いね。
えどづめ
定行は悲しんでね。松山城下にお寺を作って菩提を弔うんだ。この寺院を長寿院、今の法龍寺。今でもありますよ。
カワサキ
うん。
えどづめ
そして定行は島津との縁を切らないように、再び家久の養女、長寿院のいとこにあたる伊集院家の姫を後妻として妻にするんだ。
カワサキ
おう。
えどづめ
更に伊予松山藩5代藩主の定英の正室も島津綱貴の娘を貰う。
カワサキ
おお、深いね。
えどづめ
島津側も定行の孫娘が島津綱久の正室に嫁いだりするんだ。綱久は家督を継ぐ前に亡くなってしまうけど息子の綱貴が薩摩藩の第3代藩主として家督を継ぐ。薩摩藩の第4代藩主吉貴の正室も定行の孫娘
えどづめ
更に伊予松山藩12代藩主の松平勝善は島津斉宣の十一男でね。11代定通の養子となって藩主を継ぐ。勝善も子供が出来なかったから養子を貰うことになるんだけどね。
えどづめ
更に更に薩摩藩の最後の藩主の島津忠義の娘伊予松山藩の最後の藩主の松平定昭の養子で家を継いだ久松定謨の妻に。定謨は陸軍中将。長男の定武は貴族院議員・参議院議員を経て愛媛県知事を務めた。
カワサキ
もう、分からん。
えどづめ
という事で、島津家と伊予松平家は濃密な関係にあったんだよ。江戸時代の最初から最後まで婚姻関係を結び続けてたんだ。
カワサキ
もはや授業だよ。
えどづめ
話はさかのぼってね。伊予松平家の初代藩主の松平定行は長崎の警備をする。その時にポルトガル人から教えてもらった物を定行がアレンジして「タルト」を開発する。
カワサキ
えっ、タルト?フルーツが乗ったりしてる?
えどづめ
いやいや、今、一般的に言われているタルトとは違って、松山市の郷土菓子愛媛タルトとか道後松山タルトとか呼ばれてるんだ。松山でタルトと言えばこれなんだって。
カワサキ
どんなの?
えどづめ
カステラ生地で餡を巻いて作るロールケーキ状なんだって。
カワサキ
ちょうだい。
えどづめ
ないよ。
カワサキ
ないんかい!そんでその「タルト」が?
えどづめ
向こうはタルト!こっちは?
カワサキ
こっち?
えどづめ
ニウドでしょ!
カワサキ
えー!
えどづめ
ニウドが休み明けで愛媛の攻撃をシャットアウトですよっ!
カワサキ
強引な回、、、
えどづめ
シーズンダブル!
カワサキ
シーズンダブルッ!
えどづめ
勝ちましょう!
カワサキ
おう!

前回の愛媛戦の記事です。

本日晴朗ナレドモ波高シ、愛媛戦、プレビュー『愛媛対鹿児島』
令和元年5月12日、日曜日。 アウェーで愛媛FC戦です。 頑張れ!
着実に進んでいるのが分かって楽しいわぁ。愛媛戦、レビュー『愛媛対鹿児島』
明治安田生命J2リーグ第13節、アウェーで愛媛FC戦、0ー3で勝利。 ...
強者の試合運びと、魅惑のダンス。愛媛戦、感想会『愛媛対鹿児島』
2019年J2リーグ第13節「愛媛FC vs 鹿児島ユナイテッドFC」戦の感想会です。 ...





コメント

  1. 山室博嗣 より:

    いつも楽しみにしています。東京V戦、素人のジジイが心配なのが今までのようなCB二人しか残さずゴリゴリのFWにやられたのと異なり、きちんと4-4-2の守備体制をひいてるにもかかわらず失点しているところです。再度ゾーンデイフェンスを構築して貰いたいのと人数は揃っていても、引きすぎミドルシュートをどフリーで打たれないようにしてほしい。相手が横パスやバックパスをしている時に、全くバックラインを上げてFWと駆け引きをしないため何度も放り込まれ苦戦。今期は1勝2敗の3試合勝ち点3キープ。Twitterネイムひろ

    • えどづめ より:

      コメントありがとうございます。
      ヴェルディ戦の失点に関しては、相手が上手くいき過ぎた事もあり仕方ないかと思います。
      ただ、リードした状態でどのようにゲームを終わらせるのか。鹿児島の課題ですね。
      後ろに引いて守ろうとしても守り切れないし、前からプレスに行ってもヴェルディには逆転されてしまいました。慌てて後ろに人数を固めてもダメでしたね。
      まずはチームとして意思統一が必要ですね。「今はしっかり守る時」「前から守備に行く時」の意思統一ですね。