相手をよく見て勝利を手にした。千葉戦、レビュー『鹿児島対千葉』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第26節、ジェフユナイテッド千葉戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第26節、ホーム白波でジェフユナイテッド千葉戦、2-1で逆転勝利。

、、、、最高ですっっ!!!



8月4日の日曜日。

暑い。ヤバい暑さ。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

5,591人の観客。

千葉のスタメンは、前節より2人変更

GK、鈴木、DF、ゲリア、鳥海、新井、下平、MF、矢田、熊谷、堀米、茶島、FW、船山、クレーベ。

鹿児島のスタメンは、前節より2人変更

GK、アン ジュンス、DF、藤澤、水本、堤、砂森、MF、ニウド、八反田、五領、枝本、牛之濵、FW、酒本

赤尾が怪我のためベンチ外。八反田が復帰し即スタメン。

ガンバレ!



前半

結構なハイプレスを仕掛けてくる千葉。

4分

ハイプレスをかわす鹿児島は砂森からアン ジュンスに戻し、ジュンスがパントキック。

狙いは千葉のハイラインの裏。

抜け出したのは酒本!

ボールはワンバウンドして酒本の足元へ。

千葉のキーパー鈴木も出てくる。

酒本、滑り込みながら足を延ばしてシュート!

キーパーと酒本が衝突!

シュートはキーパーにブロックされるがボールは転々とゴールの方に、、、

、、、鳥海がクリア!

ぬう!

惜しいっ!

千葉は左サイドに人数を掛けて崩そうとしてくる。

最後はクレーベに合わせてくる。

鹿児島はいつもより相手の裏を狙い、無理に前からプレスに行かない。

11分

中盤でボールを拾った五領

酒本にスルーパス。

酒本が右サイドを攻め上がる。

対峙するのは新井

酒本は新井を抜きにかかるが無理をせずペナルティエリア内、ニアサイドに入ってきた五領にパス。

五領がシュー、、、スッ、スルー!

後ろにいたのは八反田!

ゴール正面から、八反田がミドルシュート!

外したぁ、、

今日の鹿児島は裏を狙う意識が高い。

繋いで繋いで前へというよりも、裏へのスルーパスが第一の選択肢になっている。

15分

鹿児島の後ろからのビルドアップ。

砂森から牛之濵にパスを付ける。ゲリアが寄せてくるので牛之濵は砂森に戻す。

ここで千葉のプレススイッチが入る。

ゲリアがそのまま牛之濵のマークを続け、クレーベジュンスへの逃げ道を、堀米への逃げ道をケアしている状態で、船山八反田ニウドへのパスコースを切りながら砂森にプレスを掛けてくる。

砂森は堤に逃げる。

堤に堀米がプレスを掛けてくる。

堤の選択肢は砂森に戻すか、なんとかクリアをするかしかない。ジュンスへはクレーベが見ているので出せない。

堤は再び砂森に戻すが、船山と堀米で砂森をサンドする。

砂森が船山と堀米をかわそうとしてボールロスト。

堀米がゴール正面にいるクレーベにパス。

クレーベ、フリーでシュート!

ジュンス!弾く!

神!

千葉のプレスがハマったパターン。

危なかったぁ。

これを剥がせるようになればボール保持も失点も格段に減るが、選手の技術に依るところも多い。

2つ3つ先の近くではなく、4つ5つ先の未来を想像しながらプレーする。これが出来ればいいのだが難しい。

無難にクリアを選択するのも仕方がないだろう。

ジェフがハイプレスに疲れてきた。

20分

鹿児島のコーナーキック。

キッカー五領

ニアサイドに早いボール。

酒本が競るが千葉のディフェンスがクリア。

こぼれ球が藤澤の前にこぼれてくる。

藤澤がダイレクトでミドルシュート!

低い弾道がゴールに向かう!

ゴール手前でニウドが触ってゴール!!

あれっ?、、、オフサイド、、、

うーん。

28分

千葉の連続コーナーキック。

キッカー堀米

1本目はニアサイドのボールを酒本がクリア。

2本目は高いボールを蹴ってくる。

大外からクレーベ!

クレーベのヘディングシュートで千葉が先制。

なぁ!

まじかよーー

1本目がニアサイドへのボールだったんで鹿児島の意識はニアサイドに。

千葉の選手も全員がニアサイドに走り込み鹿児島もそれに釣られてニアに走りこむ。

そこに大外から助走をつけて、ボールの落下点に合わせて飛び込んでくるクレーベ。

ニウドも歯が立たず。

仕込んできたセットプレーでやられてしまった。

鹿児島も悪くない時間だったのでこの先制点は痛いなぁ。

気落ちせず集中して行こう。

鹿児島は攻めたい。

千葉ほショートカウンター。

45分

鳥海、イエローカード

笛が長すぎて前半が終わったとみんな勘違い。

アディショナルタイム2分。

1点ビハインドで後半へ。



前半終了

ハイプレスを仕掛けてくる千葉。

ボールも持てるチームなので、押し込まれる時間が続く。

左サイドに人を集めて人数でもって崩そうとしてくる。

鹿児島陣地のさらに左半分しか使ってない。

そこを突破が無理ならばポッカリ開いている右サイドをゲリアに使わせる。

コーナーキックもいろんなバリエーションを用意してきていた。

そこで先制点を奪われてしまった。

その後ジェフはハイプレスを弱めてカウンター狙いに変えてくる。

鹿児島はこの試合て長いボールを使うのを解禁してきた。

早々にジュンスが蹴ったボールが酒本のチャンスになるし、裏を狙った長いボールでチャンスを作っていた。

堤の逆サイド裏へのサイドチェンジも効いていた。

しかし徐々に裏を狙うボールも少なくなる。

ジェフに用心されていたからなのか時間限定なのか分からないが、裏へのボールが無くなることで、攻撃が窮屈になってきてしまっていた。

千葉がハイプレスを仕掛けてきたが、鹿児島はハイプレスは抑え気味に。

出来なかったのか、、、狙いなのか、、、

連戦と暑さでジェフは辛そうだ。

ジェフは足が止まるはず。

ハイラインのジェフにとっては裏へのボールは有効な手段。

そこで一発チャンスになるかもしれないし、ディフェンスラインを下げて中盤のパスが回りやすくなるし、相手の体力を奪うこともできる。

先制されてしまったが決して悪い試合ではない。

千葉は上手いがチャンスが無いわけではない。

走れ!走れ!走れ!

がんばれ!ユナイテッド!



後半

鹿児島は前からのプレスを始める。

同時に千葉ディフェンスラインの背後も狙う。

ニウドはヘディングを叩きつける事が出来ない。

54分

コーナーキックの流れからシュートを打つ事が出来ず、右サイドまでボールが流れて枝本がキープをする。

千葉ディフェンスはペナルティエリアのラインにそろって並んでいる。

しかしその前ががら空きだ。

枝本はバイタルエリアに上がってきた藤澤に横パスを出す。

藤澤ドフリー。

藤澤ミドルシュートを意識させるトラップ。

それを見て千葉ディフェンスはゴール正面を固める。

これでまたドフリーになる酒本

藤澤はひとつ前にいる酒本に楽々スルーパス。

酒本ボールを呼び込んでダイレクトで折り返す!

千葉のディフェンスがクリアっ!

キーパーとディフェンスの間を抜くボールよ。そこは。

千葉の守備が集中できていない。

ポジションを取るのが遅いし、戻るのが遅い。

ハーフタイムの休憩から戻ってない選手ばかりだ。

55分

中盤での激しいボールの奪い合い。

鹿児島の右サイド、千葉の左サイドで密集しながら奪い合いを行っている。

酒本がボールをキープする。

藤澤に渡す。

藤澤の見る先には砂森一人しかいない広大な芝生が広がっている。

藤澤のサイドチェンジ。

砂森はコーナーフラッグ付近で追いつく。

砂森時間を作る。

ペナルティエリア内には牛之濵、八反田、枝本、酒本、千葉守備5人が入ってくる。

砂森牛之濵とワンツーからシュートを選択。

だがブロックされる。

こぼれが五領の前に。

コントロールできず、下平にクリアされてしまう。

大きくサイドチェンジ、やはり有効だ。

裏もどんどん狙った方がいい。

砂森が抜け出すとチャンスに濃さが出る。

56分

千葉、堀米out、佐藤勇人in

58分

鹿児島はバックラインでボールを回す。

水本からへ。

千葉のディフェンスは左サイドから右サイドへのスライドが整わなくなっている。

堤はドリブルするスペースがあるので持ち上がる。

ボールを受けに来た酒本牛之濵を追い越してぎりぎりまで持ち上がり縦にスルーパス!

抜け出たのは砂森

左サイドをゴールラインまで持ち上がりゲリアと対峙する。

ペナルティエリアに侵入しゲリアを切り返しでかわしっ、、、

矢田が足を延ばしてきてボールがこぼれるっ!

飛び込んできた牛之濵が右足を振り抜くシュートッ!

ゴールッ!

矢のようなボールがネットに突き刺さる!

ヨシッ!

ヨシッ!

ヨシッ!

前半から堤が背後へのパスを供給していたことと、砂森、牛之濵が背後を狙っていることで、千葉のディフェンスが後ろのケアの意識が高すぎてラインがずれていた。

ラインを上げてコンパクトにしたいし、下げてスペースを無くしたいの意思統一が出来ていなかった。

その空いたスペースに堤がするする持ち運んだことで千葉ディフェンスの混乱を引き出す。

そのうえでタイミングよくスルーパス。

砂森がディフェンスラインの背後を狙っているところが素晴らしい。

ここで砂森が仕掛けることが重要なのだ。

そして牛之濵のシュートの上手さ。

いやぁ、最高だね。

最後砂森がシュートの邪魔をしないようにジャンプすんのもいい。

そしてDAZNさん、牛之濵と砂森を間違いがち。

62分

牛之濵、イエローカード

64分

千葉、茶島out、為田in

千葉はコンパクトにしてディフェンスラインを上げてくる。

その裏をキーパー、ジュンスが狙う。

66分

枝本酒本とワンツーから中央突破。

ペナルティエリア直前で倒されるも笛は鳴らない。

74

鹿児島の左サイドで砂森五領が突破を狙う。

五領がドリブルで佐藤勇人を抜く。

ゴール前には牛之濵酒本が飛び込む。

千葉のディフェンスもちゃんと3枚いる。

五領がクロスを上げる!

キーパーとディフェンスラインの間に速いクロス!

酒本ぉーーー!

酒本、ゴールっ!

ジャンプしながら右足で合わせたゴール!

逆転!

よっしゃぁー!

砂森と五領の二人でサイドを突破。

五領がこっちサイドにいるのがミソ。

五領の素晴らしいドリブル。

牛之濵がニアにディフェンスを引き付ける動きで潰れ役。

下平より前に入って先に触ってゴールを決める酒本。

巻さんも難しいシュートだと感心してた。

素晴らしいゴール。

そして逆転。

千葉は最後の力を振り絞ってくるだろう。

気持ちで負けないこと。

くじけさせること。

まだ時間はある。

気を抜かないように行こう!

75分

千葉、矢田out、佐藤寿人in

ツインズそろい踏み。

76分

ニウド、イエローカード

78分

佐藤勇人、イエローカード

鹿児島は少し重心を後ろに下げた。

もう、千葉に躍動感が全くない。

ハイプレスに行くのは佐藤ツインズのみ。

85分

酒本out、萱沼in

時間がなかなか過ぎていかない、、、

牛之濵スゲー!

88分

ゲリア、イエローカード

まだアディッショナルタイム入ってないよ。全然、時間進まない!

でも、コーナーで時間を使う。

カシマる。、、、カゴシマる。

萱沼、シュート!

ここで打っちゃう。

そういうとこ、嫌いじゃないよ。

アディッショナルタイムは5分

5分もいらないなぁ。

今日は少なめでいいのに。

92分

五領out、田上in

93分

砂森、イエローカード。

遅延行為?

笛。

総括

まずは、加藤裕フィジカルコーチに感謝をしたいですね。

春先から継続して走り負けないトレーニングをしてきたからこその、この勝利。

千葉が後半は全然走れていなかったけど、暑くなり始めたこの時期の灼熱の3連戦。

普通はこうなりますよ。

だけど鹿児島はペースが落ちるどころか後半に入ってギアを上げてきた。

トレーニングの賜物です。

想定外に7月は雨が多く涼しかったけど、8月は暑くなる。

暑さに負けない体づくりをしてきた鹿児島の強みがここで出てくるでしょ!

練習は嘘つかないっ!

鹿児島はゲーム運び自体が落ち着いていた。

前半に失点しても焦らず落ち着いて前半を終わらせ、後半はより切り替えを早く、チーム全体で狙いを合わせて見事な逆転勝利。

これまで狙わなかったのか狙えなかったのか、ディフェンスラインの裏をこの日は良く使っていた。

ジェフの体力もより奪うことに成功した。

前半は相手の体力を奪う戦い方をして、後半に仕留める。

示現流の真逆だけどそういう戦い方がこの日は出来たし、鹿児島の戦い方に合っているのかも知れない。

前半は千葉にやられてしまったけどそんなに悪くはなかった。

ボールが持てなかった事が自分たちのゲームが出来ていないという事ではなく、ボールが持てなくても、攻撃と守備のバランスが大崩れしなかったの八反田がバランスをとっていたから。

そして攻撃の強さを見せてくれた左サイド。

砂森、牛之濵の左サイドでゲリアのカバー役をさせるために佐藤勇人を早めに投入してきたが、関係なかった。

砂森が高い位置を取るとこうなるって事。

ジェフがこちら側を空けている事も要因としてあるが、これからも左サイドを上手く使っていくことが得点に繋がると思う。

ジュンスから正確な裏へのキックが何本もあったし、堤、藤澤も狙っていた。

水本もクレーベ、船山と難敵相手によく抑えていた。

ニウドはどこにでも顔を出し、八反田が素晴らしくチームをコントロールしていた。

枝本、五領の動きは守備を混乱に陥れ、砂森の抜け出しは何度もディフェンスラインを突破した。

砂森を高い位置でプレーさせることが得点へのルートであることを証明した。

牛之濵の圧巻のプレー。復帰から調子を完全に戻してきた。パス、シュート、ドリブル、ゲリアにも負けない体。素晴らしい。

そして慣れないポジションながらしっかり仕事をした酒本。下がってパスを受ける潤滑油にもなりながらチャンスにはゴール前にいた。裏への抜け出しを地道に狙うことで千葉のディフェンスラインを下げる仕事もサボらずやっていた。

選手交代を3人目は使わなかった。

監督のメッセージだ。

この試合の後半を基準にレギュラー争いをしてほしい。

この試合を超えることを今後は練習していくぞって。

次節は、イエローカードがたまってニウドが出れません。

変わりが必要なのは確実だ。

そしてスタジアムの雰囲気も行けるっ!逆転できるっ!って信じているのが感じられました。

勝ちたいっ!って思いがピッチに伝わっていた。

だから選手は最後までしっかり走りぬく事が出来たと思う。

選手、コーチ、スタッフ、サポーター。みんなで手にした勝利だと思う。

これは揺るがない。簡単には崩れない。

いやー、よかった!

飲みすぎちゃった。

日曜だってのに。

酔わせるねぇー。

自信を持っていい勝利だよ。

あのジェフに勝ったんだもん。

次もオリジナル10

つまみと言っちゃなんだけど、食っちまいましょうよっ!

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!





コメント

  1. かわいだ より:

    おやっとさあ、白波で見もした。1ヶ月半ぶりの勝ち点3、よかど。
    いつもナイスな(死語?)レビューありがとうございもす。

    しぶとく守ってウシ・シャケのおかずコンビで逆転。これで3か月以上引き分けなし(最後はまだ平成最後の長崎戦)の男前な成績で暫定20位、あと6勝キバレ。
    5勝3分けとか難しくてでけんど。
    シャケさまの奮闘すばらしい。いよいよ替えがきかんど。
    こわれる前に勝ち点積み上げや。って休ませて野嶽・五領・うしのはまを並べて使えんかな?
    ニウドの代わりもどうするかな?守り職人西岡か、吉井か秀人か怜か?
    ベルデーの藤本・渡辺に対して平川怜がどんだけやるのかも見たい。

    さっそく来週アウェイのべるでー戦。向こうはリベンジをねらってるだろうが、永井秀樹に代わってポゼッション重視にして調子がでてないうちにかえりうちやっど。

    さて小生、来週味スタデビューでアウェイ席でおらんで(叫んで)きもんで
    キバレ

    • えどづめ より:

      いつもコメントありがとうございます。

      ”ベルデーの藤本・渡辺に対して平川怜がどんだけやるのかも見たい。”

      見たいっすねぇ。
      たった今、新加入のお知らせリリース2人!?も出ましたし、
      今後出れなくなっていく選手も増えてしまうかもしれませんがチーム事情的にしようが無いところもあるのかと、、、
      その分出た選手には結果を出して欲しいですよね。

      ありがとうございます。
      キバレ!