ヒーローは岡山サポーター。岡山戦、レビュー



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第21節、ファジアーノ岡山戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第21節、アウェーでファジアーノ岡山戦、2-1で逆転負け。

くやしっ!



7月7日の日曜日。

七夕の夜。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

15,731人の観客。

岡山のスタメンは、前節より2人変更

GK、一森、DF、椋原、田中裕介、チェ ジョンウォン、廣木、MF、関戸、喜山、久保田、仲間隼斗、FW、イ ヨンジェ、赤嶺

椋原と喜山が先発。

鹿児島のスタメンは変更なし。

GK、アン ジュンス、DF、田中奏一、水本、赤尾、砂森、MF、ニウド、八反田、五領、枝本、酒本、FW、韓勇太

昨年の西日本豪雨から丁度一年。昨日の鹿児島の豪雨。被害にあわれた方々へ哀悼の意を込めて試合前に黙とうを捧げました。

岡山としては気持ちのこもった試合。

観客数も半端ない。

鹿児島だってそうでしょ!

ガンバレ!



前半

前からのプレスと裏への一発のパスを狙ってくる岡山。

プレスをかわして前に行こうとする鹿児島。

岡山の切り替えの早さから鹿児島のクリアボールは前線につながる前に奪い返されてしまいシュートを打たれる。

鹿児島は徐々に後ろに引いてしまう。

ジュンスが当たっている。

サイドバックの裏を狙われ一発で押し込まれてしまう。

田中奏一が鹿児島の右サイド高い位置でボールを持つと岡山サポーターからのブーイング。

田中奏一は元々岡山でプレーをしており古巣戦。

愛のあるブーイングで微笑ましい。

25分

田中裕介酒本へのチャージでイエローカード。

この二人、元セレッソ。

岡山は鹿児島のセットプレーの後のカウンターを狙いにしている。

チャンスはピンチにならないようにしっかり注意が必要。

岡山のセットプレーは怖いなぁ。

33分

鹿児島がニウドのプレーでゴール前まで持ち込むがシュートまで至らず岡山に奪われる。

椋原、久保田でボールを落ち着かせる。

久保田が関戸にパス。

関戸はボールを受ける前から何度も首を振りイ ヨンジェを確認。

ボールをもらうとすぐさま前線へフィード。

イ ヨンジェが抜け出す。

完全に抜け出している!

いや、抜け出し過ぎてるっ!

オフサイドじゃないの!?

ジュンスと一対一!

イ ヨンジェ、シュート!

ジュンス弾くっ!

ナイスセーブ!

うおっ!すげー!

ジュンス、スゲー!

ジュンス落ち着いていた。

どしっしり動かずにイ ヨンジェを見ていた。

ナイスキーパーだ。

ってか、オフサイドじゃないの?

確認できそうなカメラがなかったけど、、、

45分

田中奏一にイエローカード。

アディショナルタイム1分。

スコアレスでハーフタイムへ。



前半終了

お互い狙いがはっきりと出ている試合。

岡山は前からのプレス、切り替えの早さで奪ってからカウンター。

鹿児島のサイドバックの裏へ、イ ヨンジェを走らせる。

特に砂森の裏。

そこでキープできなくても押し込んで素早くプレス。

奪い返してシュート、もしくはファールをもらう。

セットプレーは狙ってきている。

フリーキックを与えないようにファールには気を付けたい。

鹿児島のセットプレーも、岡山はカウンターを狙ってきている。

赤嶺や仲間がクリアボールを受け裏抜けするイ ヨンジェにスルーパス。

仕込んできている形なので注意が必要。

鹿児島は後ろからボールを運んで人数を掛けてゴールを狙う。

リスタートは早く、息をつかせず攻めきりたい。

が、シュートまではなかなかいけず。

鹿児島はテンポ良くリズム良く攻撃して行きたいが、ロングボールでひっくり返されてしまい断ち切れ。

岡山は鹿児島のボランチのところでボールを奪う、自由にさせないとのプレッシャーが効いていて鹿児島のテンポが上がらない原因のひとつ。

ジュンスが神懸かっているので無失点で済んでいるが決定的なシーンはいくつも作られてしまった。

しかしカウンターを恐れて下がらないようにしたい。

33分のイ ヨンジェがキーパーと一対一になったシーンなどがトラウマとなって後ろの押上が出来なくなってしまったらそれこそ問題だ。

出来るだけ自陣ゴールから遠くでプレーをしていたい。

がんばれ!ユナイテッド!



後半

46分

仲間隼斗、イエローカード

お互いのサッカーは変わらない。

攻守の切り替えは速く強くなった。

57分

中盤での競りあい。

ニウド関戸の交錯。

関戸のファールの判定。

八反田が素早くリスタート。

酒本に出して酒本はワンタッチでヨンテにスルーパス!

抜け出した!

岡山の守備は田中裕介チェ ジョンウォン

対峙するのは田中裕介。

ヨンテは切り返しでシュートコースを作り

右足でシュートっ!

決まったぁー!

キーパーさわるも右隅にゴール!

ヨッシャァ!

先制、鹿児島!

やったぁ!

ファールがニウドなのか関戸なのかで岡山の選手の集中が切れた。

そこを見逃さなかった八反田。

酒本のスルーパスも完璧。

ヨンテも落ち着いて切り返してコースを作ってからシュート。

リスタートを早く相手の息をつかせないのは鹿児島がいつも狙っていたところ。

この日の唯一の岡山の隙。

岡山は攻め急ぎ始める。

釣られて鹿児島も重臣が後ろになる。

鹿児島は前に人数を掛けたいが前半のカウンターのイメージが頭に残っているのか守備陣のポジションが低くなった。

岡山の雑な攻撃に助けられるが鹿児島も選手間の距離が開いてしまいミスが多くなりパスが繋がらない。

66分

岡山、赤嶺out、中野誠也in

鹿児島は後ろの押上げが出来てボールを持てるようになった。

岡山の攻め急ぎもありパスを回して時間を使い、逆サイドに展開してクロスやシュートに持ち込む。

良い。

このまま追加点が欲しい。

74分

岡山、久保田out、上田康太in

上田康太は怪我明け。

歓声がすごい。

サイドからフリーでクロスを上げられる。

審判の判定によりスタジアムが盛り上がってきてしまった。

鹿児島からすると追加点を奪ってスタジアムの熱を冷ましたい。

酒本足がつった。

良く走ってたよ。

お疲れ!

81分

酒本out、田上in

ビルドアップを八反田がカットし枝本に渡す。

しかし枝本は喜山上田康太に挟まれボールロスト。

上田康太から中野誠也に一発のロングパス。

トラップからシュートも枠を外れる。

あっぶねぇ!

鹿児島がボールを奪い前掛になったところを引っ掛けられてしまった。

そこでボールは取られちゃいけないよ。

83分

上田がキッカーのコーナーキック。

イ ヨンジェがニアでヘディングで合わせる!

ジュンスッ!

ジュンスが弾く。

ナイス、ジュンス!

岡山のカウンターから仲間隼斗のドリブルを八反田がペナルティエリア手前、ゴール正面で倒してしまった。

うわぁ、いい位置。

86分

岡山のフリーキック。

キッカーは上田康太

左足でシュート。

右上隅に綺麗に決まる。

なぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

いや、凄いな、

完璧なフリーキック。。。。

スタジアム盛り上がってる、、、

87分

五領out、野嶽in

ペナルティエリア内で赤尾中野を倒してしまいPK。

厳しいなぁ。

スタジアムの盛り上がりが審判に笛を吹かせたか。

うーん、ファールはファールだ。

89分

キッカー中野誠也

ジュンス触るも左に決められ逆転。

ヨンテout、萱沼in

アディッショナルタイムは5分

93分

岡山、イ ヨンジェout、福元in

笛。

総括

岡山サポーターに負けた試合。

自分はDAZN観戦でしたが、それでも分かったあの雰囲気。

西日本豪雨から一年。

ユニフォームを無料配布しての観客数15,000人越え。

上田康太の復帰戦。

審判の怪しげな笛。

先制点を奪われる。

上田康太、途中出場。

その上田が見事なフリーキック。

そしてPK。

盛り上がる要素は十分にあったがスタジアムが盛り上がったこその逆転劇。

岡山目線で観ていれば申し分ない勝利だよ。

仕方のない敗戦だとも思う。

スタジアムには魔物が降りてきた。

こういう試合は一年に何回もあることでは無い。

たまたまそれに当たってしまった。

が、それでも勝つために鹿児島としてはどうすればよかったのか。

最後スタジアムの雰囲気に飲み込まれたのは戴けない。

そう簡単に出来るもんでもないが、相手の勢いをいなして試合を終わらせられればよかった。

俗に言う、鹿島ル、というやつか。

追加点を奪うのが一番可能性があった。

70分過ぎまでの良い時間帯でどうにか取りたかった。

もしくは岡山のバックラインが高くなってから、足元ではなく裏を狙うか。

81分のシーンがターニングポイントか。

あの時八反田は枝本の足元にパスをつけたが、そこを奪われてからカウンターを受けてしまった。

そのカウンターのトラウマから鹿児島は重心が後ろに下がってしまった。

あと10分。もう守ろうと。

結果論だがifがあるとするならば、81分の八反田のパスは裏へのパスを選択していたらと思ってしまう。

追加点を奪えないのも天皇杯含めてここ三試合連続。

逆転負けが続いてしまった。

最後は岡山のペースになってしまった。

テンポを常に自分たちでつかみたい。

鹿児島のペースに巻き込みたい。

まだまだ成長しなければならない事が多いい。

前半のパスミスの多さは減らしたい。

パスは正確に相手の受けたいところに出す。

トラップも正確に次の動作に動きやすい場所に置く。

二人目、三人目の動きもサボらずやり続ける。

敵ディフェンスを惑わす動きも忘れずに。

リスク管理をしっかりやる。

攻守の切り替えももっと早く。

無駄なファールは減らしたい。

プレーの判断力も高めたい。

セットプレーから得点をしたい。

ゴール前でもう一工夫足したい。

シュートは落ち着いて打つ。

もっとゴールを決めたい。

試合に出てない選手の奮起も期待したい。

田上以上の若さが見たい。(若手出てこい)

試合の流れを読めるゲームメーカー、ピッチ上のリーダーが出てきて欲しい。

連敗は避けたい。

負け試合を引き分けで乗り越えたい。

アウェーで引き分けでも良いから勝ち点奪って帰りたい。

ホームではなるべく勝ちたい。

勝ちたい。

勝ちたい。

ノビシロだらけだ。

まだまだ成長出来るなぁ。

まだまだ強くなる。

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!