見返したくない前半と何度でも見たい後半。栃木戦、レビュー『鹿児島対栃木』



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第19節、栃木SC戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第19節、ホーム白波で栃木SC戦、2ー0で勝利。

ヨシッ!



6月22日の土曜日。

ホームで土曜でナイターは今季初。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

5,027人の観客。

栃木のスタメンは、前節より1人変更

GK、ユ ヒョン、DF、久富、藤原、森下、西谷優希、MF、浜下、枝村、寺田、大崎、FW、西谷和希、大崎

大黒はケガ、田代は出場停止。

鹿児島のスタメンは前節から4人変更。藤澤、水本、中原秀人、酒本が外れて冨成、堤、ニウド、枝本が先発。

GK、アン ジュンス、DF、冨成、赤尾、堤、砂森、MF、ニウド、八反田、五領、牛之濵、枝本、FW、韓勇太

藤澤はベンチからも外れたよ。

ガンバレ!



前半

栃木は前からプレスを掛けてくる。

栃木は一発裏を狙ってくる。

冨成がひざを痛める。

大丈夫。よかった。

10分

鹿児島のコーナーキック。

キッカーは八反田

ショートコーナーを選択。

五領にパスして、リターンをもらう。

八反田がファーサイドにいるヨンテめがけてふわりと上げてくるが、ディフェンスに寄せられヨンテはジャストミートできず。

鹿児島はパスコースが少ない。

縦パスを入れられない。

栃木の4バックとダブルボランチでゴール前を固められていてそこにパスさえ入れられない。

酒本不在が影響しているか。

16分

冨成out、田中奏一in

うーーーーー、冨成やっぱりだめ。

重くありませんように。

20分

牛之濵と久富の接触

牛之濵、、、

22分

久富、イエローカード

25分

牛之濵out、田上in

28分

鹿児島の後ろからのビルドアップ。

パスコースがなくどんどん下げているうちにキーパーにまでプレスをし掛けられてしまうが、ジュンスが切り返しでプレスをかわしてからの田上へのパスで脱出。

中盤でパス交換しているうちに左サイドで砂森がドフリーで待っている。

赤尾が大きくサイドチェンジ。

砂森は中に入っていくがそのボールを八反田が受け取って左サイドで開いた位置まで移動していた田上にパス。

田上ダイレクトでクロス!

ヨンテヘッド!

ノッ!

外れた。

ちょっと高かった。

ダイレクトだったので栃木のディフェンスは対応に遅れたが、ヨンテも少し遅れた。

田上が動きを止めずピッチの何処にでも走り回るので栃木のディフェンスにちょっとずつずれが出来てそこをついてパスがつながるようになってきた。

32分

田上のファールから栃木のフリーキックに。

コーナーフラッグより少し戻った位置。

キッカーは寺田

ゴール正面の位置に上げてくる。

ジュンス、パンチング!

クリアが弱い。

西谷和希が拾いシュート!

ジュンス弾く!

シュートの勢いがすごくて、ジュンスが弾くがボールは後ろに行ってしまう。

あわやのボールがポストを叩く

あぶねっ!

こぼれ球をヨンテがクリアしようとするもボールのバウンドが微妙すぎてクリアできず、森下に中におり返される。

落下点にはニウド、空振りっ!

田中奏一がクリア。

、、、

ふう。

危なかったぁ。

ビルドアップに苦労している。

長いボールに頼っている。

39分

ニウド、イエローカード

41分

赤尾田中奏一へのスルーパス。

田中奏一追いついて折り返しのクロス。

しかしヨンテ打つことできずクリアされてしまうが、五領がボールを拾う。

右サイドから五領が仕掛けようとするところに赤尾が追い越してきて赤尾にスイッチ。

赤尾がクロス。

ニウドはシュートを打てずボールはこぼれ田中奏一がシュートを打つも阻まれる。

ゴール前は固く守ってるなぁ。

センターバックの赤尾が右サイドえぐってクロスを上げて、ゴール前の混戦から右サイドバックの田中奏一がシュートを打つって、、、

ポジションめちゃくちゃ。

楽しいシーン。

ポジションに囚われないの、好きです。

ジュンスが栃木のサイドバックの裏を狙ってディフェンスを広げようとする。

アディショナルタイム7分。

スコアレスでハーフタイムへ。



前半終了

栃木は前からプレスを仕掛けてくるがそこで奪おうというよりも鹿児島の早いビルドアップを中盤で引っ掛けてショートカウンターを狙う。

プレスは中盤で奪うためのコースの限定がメイン。奪いきろうという勢いはない。

限定されたパスを中盤で狙っているのが枝村と寺田。パスコースを限定するのは西谷和希と大島。

しかしそこを突破されたらしっかり4-4ブロックを築き守る。

奪ったら長いボールを鹿児島の裏に出して一発ロングカウンターを狙う。

鹿児島の対策をしっかり落とし込んできている。

ボランチの寺田と枝村、トップの大島と西谷和希の4人のスクエアが秀逸で中盤に縦パスが入らない。

無理やり入れても待ち構えているもんだから奪われる。

鹿児島はサイドから攻めようとする。

栃木にとっては分かりきっているので怖くない。

鹿児島はビルドアップが途中で引っかかってしまい効果的な攻めまで辿り着かない。

早い攻めだと引っかかってしまい、落ち着いてビルドアップだとブロックに構えられてしまう。

先発も4人入れ替え負傷交代も2人。

連動が上手くできていない。

ディフェンスを引き付ける動き、ボールを受ける動きが少ない。

しかし何といっても、、、

牛之濵だ。

担架で運ばれてた。

救急車で運ばれたとか。

どうか、どうか無事でありますように。

冨成も重くありませんように。

もうけが人が出ませんように。

ビルドアップがままならないので長いボールをヨンテに競らせる攻撃をしていたが、ちゃんとビルドアップで押し込んで畳み掛けたい。

枝本がもっとボールを受けに下がってもいいと思う。

枝本が中盤を上下することにより寺田、枝村のダブルボランチを動かし、隙が出来たスペースを五領、田上が使う。などなど。

とにかく固い守備陣を、鹿児島が動く事によって崩して行かないといい形でゴール前でプレーが出来ない。

選手交代枠があと1枚しかないがサボらずそこはやっていかないと。

栃木の集中も最後まで持つかどうか。

がんばれ!ユナイテッド!



後半

鹿児島は立ち上がりから動きが変わった。

ワンタッチプレーや前後のパス。

テンポが明らかに良くなった。

前からのプレスも積極的に仕掛けるようになった。

52分

栃木の左サイドからのスローイン。

ボールをビルドアップせずにあえて下げる。

センターバックの森下田中奏一の裏に大きくフィード。

大島が追いつき上手くキープ。

マークするのは

大島は大崎に下げる。そばにいるのは西谷和希

西谷はペナ内に侵入しポストプレー。

大崎は西谷に縦パスを入れようとするが鹿児島ディフェンスに当たる。

しかし大崎がボールをキープ。

横にドリブル押してコースを作りシュート!

ジュンス横っ飛びっ!

ゴール右にわずかに外れる。

あっぶねっ!

相手の逆を突くプレーなどが出てきた。

栃木の嫌がる感じが出てきた。

鹿児島のコーナーが続く。

58分

鹿児島のコーナーキック。

またまたショートコーナー

八反田五領に渡す。

五領が八反田に渡す。

中央から田中奏一が受けに来る。

田中奏一はサイドの五領に渡す。

五領は中央に位置取りをしていた八反田にパスをしてゴール前に走り出す。

八反田が五領に戻す。

五領がゴール脇に侵入!

キーパー出てくるっ!

五領は中に折り返すっ!

赤尾っ!

ゴール!

赤尾のシュート!

ヨシッ!

やったっ!

この日のコーナーキックはすべてショートコーナーを使ってきた。

この試合5回目。

相当仕込んできたんだろう。

ゴール脇にワンツーで侵入してからの折り返しをダイレクトボレー。

ナイス!

ゴールは赤尾だ。

一度引退をした男が再びピッチに戻ってきてJ2の舞台でゴールを決める。

たまんないね、

59分

栃木の右サイドのスローインから浜下が粘ってクロスを上げる。

大崎がヘディングシュート!

ゴールの上に外れる。

栃木の粘りが出てきた。

61分

砂森、イエローカード

65分

栃木、寺田out、ヘニキin

70分

鹿児島の右サイドのコーナーキック。

今回はショートコーナーではなさそう。

キーパーの近くで全員がごちゃーっと固まっている。

祭り?野次馬?

キッカーは五領

ゴール前に上げる。

キーパー、ユ ヒョン、ジャンプ。

パンチッ、、、、

あれっ、、

ゴール!?

ヨンテ?

ヨンテだっ!

キーパーのファンブルで落としたボールをヨンテが押し込んでのゴール。

ナイス!ヨンテ!

散々ショートコーナーを使ってからのこのごちゃごちゃコーナーキック。

分かってはいるもののキーパーへのプレッシャーは半端ないんだろうね。

素晴らしいキーパーのユヒョンでさえあのファンブル。

鹿児島からしたら狙い通り。

よし!

71分

森下、イエローカード

73分

栃木、大島out、平岡in

75分

鹿児島の中盤からのフリーキック。

赤尾田中奏一めがけて縦につけようとするが西谷優希にプレスを掛けられロスト。

こぼれ球を藤原が一発、赤尾の裏に蹴りこむ。

赤尾の頭を超えたボールは西谷和希が追いつく。

マークするのは

ゴール前に入ってくるのは平岡

西谷は早いタイミングで中に入れてくる。

タイミングが合わずジュンスがキャッチできない!

平岡がスライディングシュート!

赤尾っ!

赤尾がクリア!

イヤー!!!

危なっ!

ホント、危なっ!

赤尾ナイス戻り。

自分のリスタートからのピンチだったけどしっかりゴール前に。

一発裏には気を付けよう。

栃木は前から圧を掛けて来る。

鹿児島はカウンターを狙う。

鹿児島に疲れが出てきた。

83分

栃木、大崎out、イ レジュンin

84分

鹿児島の左サイドからのビルドアップ。

砂森田上で挟んでボールを奪い、田上は枝本にパス。

枝本はニウドに戻し、ニウドは砂森へパス。

砂森は前に走り出している枝本に出す。

枝本には通らずカットされるが五領が拾ってダイレクトで左サイドの田上へ。

田上は左サイドの高い位置でキープ、対峙するのは森下

田上が仕掛けるが森下のストップされる。

が、このボールを砂森が拾い駆け抜ける。

砂森はフリーでクロスを入れる体勢。

ゴール前にはヨンテと枝本

ヨンテはニアに走り込み枝本はファーに!

砂森はヨンテに合わせる!

うおっ!

ヨンテ、シュート打てず。

惜しい!

ここらでダメ押しできると、うれしいし安心なんだけど。。。

でも栃木もそう簡単にはやらせてくれない。

もう鹿児島はブロックを作って守るかたちに。

87分

ヨンテoutr、酒本in

アディッショナルタイムは4分

91分

栃木はまだあきらめずに前から追っかけてくる。

一旦、キーパーのジュンスにボールを戻す。

ジュンスからのビルドアップ。

左に開いているに渡す。

堤は中央の赤尾へ。

赤尾がディフェンスを飛ばして五領へ。

五領が前を向く。

右サイドを駆け上がる田中奏一にスルーパス。

田中奏一ワントラップして折り返しのクロス!

ボールは逆サイドまで抜けて受けたのは田上!

落ち着いて切り替えして右足のシュート!

キーパーキャッチッ!

ヌォウ!

前からくる栃木をかわしてナイスカウンター。

釣り野伏的なやつだね。

うわー、でも3点目というデザートが欲しかったよう。

まあ、でも無失点で終わらそう。

笛。

総括

前半は迷走。

ふわふわ。

いろいろあったし。

後半は吹っ切れてやり切った。

選手交代の枠がもう1枠しかなく今出ているメンバーで戦いきるしかないという覚悟から全員の動きが活発になった。

センターバックの前に危険なボールを入れ、そこのサポートをちゃんとやる。

縦に入れて下げて、ワンタッチが増え明らかにテンポが良くなった。

だからこそ開いたサイド。

サイドで仕掛けることで獲得するコーナーキック。

コーナーキックも栃木の分析を形にしてきた。

とにかくゴール前を固める栃木の守り方。

ならばゴール前に人数を掛ける事が出来るコーナーキック。

ショートコーナーからゴール脇をえぐって人数のそろっているゴール前でどうにか押し込む。

狙い通り。

このショートコーナーの形。

三角形作ってゴール脇を狙う。やり直してポジションチェンジしては狙う。ポジションチェンジして狙い続ける。

ショートコーナーだけでなく普通に流れのなかでも使えるヤツだ。

練習の成果。

先制点は赤尾

ヴォルカ鹿児島からの選手。

皆に愛されている。

この日も守備でも貢献。

長短のパス、サイドを駆け上がってのクロス、自陣ゴール前でのクリア。

そして貴重な先制点。

素晴らしかった。

2点目のコーナーキックも同じく栃木の分析より。

この日のコーナーキックはすべてショートコーナーを使ってきた。

この2点目の時だけの対策。

ゴール前を固めるのならばもっと固めちゃえ。

キーパーが自由に動けないくらいのごちゃごちゃ。

狙い通りにヨンテが押し込む事が出来た。

背の高い、体が強い選手がいない鹿児島にとっては、セットプレーで単純にボールをゴール前に上げたところでなかなか得点できるもんじゃないよ。

こういったセットプレーを相手に見せつけることによってゴール付近でのファールを恐れさせる事が出来、鹿児島がゴール付近でプレーしやしくなる。

そして牛之濵のショックを払しょくさせてくれた田上

FC KAGOSHIMAからのプレーヤー。

チームに躍動感と献身性を思い出してくれた。

この日の隠れたMVP。

栃木はゴール前を固めてきた。

堅い守備だった。

それをこじ開ける事が出来たのは良かった。

何より勝利が最高だ。

選手の躍動するプレーが見たくてサッカーを見ている。

選手が楽しそうにプレーしている姿が見たくてサッカーを見ている。

選手が試合に勝って喜んでいる姿を見たくて応援している。

応援して勝利して喜んでいるみんなの顔が見たくて自分も応援している。

怪我をするシーンは見たくない。

しかしサッカーはコンタクトが不可欠な競技。

怪我しない程度にバチバチやってくれなんて虫のいい話だとも理解している。

そんなのは分かってはいるが見たくないシーンだった。

富成選手のあんな顔は見たくなかった。

どうか重いものではなく、すぐにプレーをする姿が見たい。

時間が必要ならばしっかり治してさらに強くなって戻ってきてほしい。

そして牛之濵選手。

脳震盪と診断され経過を見るとのこと。

早く元気な顔が見たい。

牛之濵拓のプレーが好きなんだ。

、、、

、、、

次はまたホーム戦。

ホームでは勝つチームとなっているんじゃないか。

連勝を。

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!