これを糧に出来ますか?それともズルズル行きますか?横浜FC戦、レビュー

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第14節、横浜FC戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第14節、ホームで横浜FC戦、1ー2で逆転負け。

残念!

5月18日の土曜日。

天気は雨。風も強い。島津雨となるか。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

4,437人の観客。

横浜のスタメンは、前節より4人変更。

GK、竹重、DF、北爪、川崎、カルフィン ヨン ア ピン、田所、MF、中山、佐藤、中里、松浦、FW、イバ、草野

草野は阪南大卒でこの試合がデビュー戦。

そして監督がタヴァレス前監督からヘッドコーチだった下平隆宏監督へ。

鹿児島のスタメンは、前節から五領がベンチ外でヨンテがスタメン。

GK、アン ジュンス、DF、藤澤、水本、堤、砂森、MF、八反田、ニウド、酒本、牛之濱、FW、萱沼、韓 勇太(ハン ヨンテ)

五領は怪我なのか、、、、

横浜ベンチには松井が入りカズはベンチ外。

鹿児島ベンチは田上が初ベンチ入り。

試合前には、酒本選手のJリーグ通算300試合出場のセレモニーが行なわれました。

おめでとう!

勝利して喜ぼう!

ガンバレ!

前半

雨が強く降っている。

様子を見るようにゆったりした入り。

8分

横浜は自陣コーナー付近でボールを奪うとトップの草野に長いボール。

追い越す中山にパス。

中山がそのままクロス。

イバ!

イバのヘディングはジャストミートせず!

シンプルに危ないなぁ。

10分

横浜は前からのプレスをやめ、中盤で構える形に。

酒本からのパスを受けた八反田はドリブルで持ち上がる。

カルフィンに止められるがそれを萱沼が拾う。

萱沼はゴール前に上げる。

北爪がヘディングでクリア。

んほっ!

このボールが八反田の前に!

八反田ミドルシュート!

キーパー竹島パンチング!

うぃー!

惜しいっ!

12分

横浜のコーナーキック。

ポジション取りの競り合いで倒れたニウド

倒れてお尻着いたまま、ヘディング!

横浜は守備から入っていて、

長いボールをサイドに開いた草野へ、そこで基点を作る。

あとはクロスをイバへ。

鹿児島は前線の組み合わせが変わっているので、スムーズさに掛ける。

雨の影響もあるのか、パスミスも目立つ。

パスを受ける動きも弱めか。

18分

藤澤がサイドで相手ディフェンスラインを下げて中のヨンテにパス。

ヨンテはニウドに下げて前を向く。

ニウドと萱沼の目が合い縦パス!

萱沼が下がりながらボールを落としヨンテへ。

萱沼が空けたスペースに牛之濵が斜めに走りこむ!

ヨンテは浮かしたボールを牛之濵へ。

が、パスは大きくキーパーキャッチ。

牛之濵は足元に欲しかったよう。

もう少し!

各々の動きも良かったし、ニウドの縦パスも最高。

ちゃんとこれをやり続けよう。

鹿児島の前からのプレスが効くようになってきた。

選手間の距離も近くなり、パスも回るようになってきた。

サイドチェンジも効果的で鹿児島のペースになってきた。

34分

横浜の攻撃。

左サイドの田所が高い位置でボールを持つ。

しかしクロスは上げず中盤の佐藤にパス。

そこにニウド酒本が挟むようにしてボールを奪う。

ニウドは左の牛之濵へ。

鹿児島のカウンター発動!

牛之濵はドリブルで持ち上がる。

北爪をかわし中山をかわし佐藤もかわし右サイドの酒本へ!

酒本は田所と1対1。

フェイントを入れて縦に突破っ!

中には横浜守備6人とニアに萱沼、牛之濵、ファーにヨンテ、ニウド

クロスを上げる!

キーパーキャッチ、、、、

こぼれたっ!

ニウド!

ボレーッ!

決まったーっ!

先制ぃーーーー!

よっしゃあー!

酒本とニウドのボール奪取から始まり、フィニッシュも酒本のクロスからニウドのゴール!

すばらしいよ!

牛之濵、萱沼、ヨンテのゴールへの推進力も良かった。

雨でキーパーもキャッチできず。

ナイスカウンター!

42分

鹿児島の左サイドを牛之濵萱沼で抜け出す。

萱沼クロスは弾かれるが再びキープ。

ちょっと無理やりシュート、これもブロック。

松浦が高くクリア。

砂森が拾い牛之濵とワンツーで縦に突破。

マイナスのクロスは合わずクリアされるが待ってましたと八反田

ボールを拾いミドルシュート!

は、ゴールの脇に外れる。

ゴール前を横浜が人数かけて固めているのだが、

鹿児島も中とのタイミングが合わない。

前半終了

横浜はしっかり守備から入り前からプレスする時と無理なら4-4のブロックで固める。

イバを中央に留めて置いて、鹿児島センターバックの堤、水本を引き付ける。

高い位置取りをするために空いてる鹿児島サイドバックの裏を草野、中山が狙う。

ゆっくりビルドアップするときは左サイドの松浦中心で。

イバを目掛けて放り込むので注意が必要。

鹿児島は、雨も風も強く細かいパス回しはしずらそう。

前線の組み合わせが違うのも惑う要因。

なかなか思うような攻撃が出来ていない。

その中で取った先制点。

何人もが関係したすばらしいカウンター。

守備は水本が良いプレーを連発。

しかし、鹿児島はイバに気を取られすぎて選手間の距離が遠すぎた。

途中から修正をして前から行くことで鹿児島のペースになって、ボールを回せるようになった。

イバへの一発クロスは怖いなぁ。

横浜はセットプレーを取りに狙ってくるのでそこも注意が必要か。

雨、風が強いままで、鹿児島がボールを回せないのなら、割り切って守りきる事も必要か。

それはそれでイバの強さが、出やすくて怖いし。

サイドバックの裏を狙ってくるのにも対応したい。

修正は効いてきてる。

前半よりもっとやることをやっていこう。

隙を見せたらやられるからな!

もう1点取ろう!ユナイテッド!

後半

ヨンテout、枝本in

前からプレスに来る横浜をかわして砂森は前にキック。

カルフィンが処理を誤り牛之濵がボールを拾う。

ゴール前に走りこむ萱沼にスルーパス!

萱沼フリーでキーパーと1対1!

シュート!

、、、

外れたっ!

決めときたかったぁ。

49分

シミュレーションでイバにイエロー

危なくPKだったなぁ。

ふう。

51分

カルフィン ヨン ア ピンにイエロー

横浜が前から圧をかけてきた。

56分

横浜、田所out、袴田in

横浜はサイドバックの裏を攻めてくる。

横浜の川崎がピッチ中央から左サイド奥に大きく展開。

袴田、中里で崩しきれずクロスを上げるもコーナーに。

59分

横浜のコーナーキック。

キッカーは中里

早くて大きいボールを入れてくる。

ファーに飛び込んできたのは川崎!

ヘディングシュートはジュンスの正面!

ナイス、ジュンス!

ジュンスのキック。

これは横浜に回収される。

バックラインでボールを回され鹿児島の最終ラインが上がったところで、またも川崎が左サイド奥に大きく展開。

受けるのは袴田

中にはイバ水本も付いている。

クロスを上げてくるっ!

イバァ!

どんぴしゃ。

イバのダイビングヘッド!

決まってしまったぁ。

横浜の狙い通り。

大きくサイドバックの裏を狙ってクロスからのイバ。

んーだよぉ。

集中しよう!

走ろう!

66分

横浜、松浦out、瀬沼in

萱沼out、中原秀人in

横浜は左右のサイドバックをまだ狙ってくる。

クロッサーはイバしか見てない。

鹿児島はボールを前に運べてない。

71分

ニウドが縦パスをいれ、受けるのは中原秀人

秀人はサイドの藤澤へ。

藤澤が大きくクロス!

横浜守備陣を超えてくる。

飛び込んできたのは酒本!

ヘディングシュートッ!

はずれたぁ。

横浜は足が止まってきた。

鹿児島がボールを持てるようになった。

74分

ニウドが大きくサイドチェンジ。

藤澤が受ける。

藤澤は中にドリブルで一人かわしミドルシュート!

ゴールの左隅に鋭いボールがぁ!

キーパーに弾かれるっ。

くぅー!

キーパーの目の前でワンバウンドする惜しいシュートだった。

76分

左サイドでボールを持った酒本に縦パス。

酒本はつぶされるが、後ろから飛び込んできてそのボールを拾う秀人!

カルフィンが前にいるが、構わずシュートッ!

キーパーに弾かれたぁっ!

きー!

またもキーパー!竹重っ!

カルフィンの股を狙った秀人のシュート

78分

横浜、佐藤out、松井大輔in

おう!松井大輔!きたあ!

雨も弱くなってきた。

鹿児島が押せ押せ。

83分

またも川崎が左サイド奥に大きく展開。

またかよ!

受けるのは袴田

袴田クロス。

大きい!

イバ越え!

ファーの草野が落す。

ここでイバァ!

これは水本ニウドが挟んでシュートを打たせず。

そこ狙われてんだから修正してよっ!

83分

ボールを動かしながら隙をうかがう鹿児島。

最終ラインからがするするドリブルで上がってくる。

ボールを受けようとする枝本

付いていく北爪

大外に砂森

砂森を見ていない瀬沼

枝本を劣りに堤が砂森にスルーパス!

完全に抜けた砂森!

中はニアに牛之濵、ファーにニウド

中を確認してから早いクロス!

ニウドだ!

大きくバーの上へ。

ノー!

ノー!

ノーッ!

87分

酒本がボールを拾い、牛之濵、酒本、牛之濵、秀人、と小気味良くパス回し。

最後は右サイドを駆け上がってきた藤澤だぁ!

袴田がブロック!

クゥー!

88分

酒本out、薗田in

決めよう!

勝って終わろうっ!

横浜のクリアボールを堤と草野が競り合う。

堤が体をブロックされ上手く反転される。

ああぁっ!

草野がドリブル!

前には誰もいない!

後ろから砂森、水本、八反田、そんでイバも!

間に合わない!

草野シュート!

ジュンス弾いたぁっ!

ヨッシャッ!

まだあるっ!

弾いたボールを瀬沼が拾う。

が戻ってくる。

ピピーッ!笛が鳴る。

ああぁあっぁ!

倒してしまった。

PKだ、、、、

堤が、イエローカード。。。

。。。

。。。

。。。

。。。

90分

ジュンス、、、、頼む。

キッカーはイバ。

ゴール。

。。。

アディッショナルタイムは4分

92分

薗田がキープからコーナーを獲得。

キッカー砂森

ゴール前にいボールあげてきたぁ!

ニウド、ヘッドッ!

川崎にブロックされるぅっ!

もうっ!

松井にイエローカード。

笛。

総括

劇的な勝利があれば、残酷な敗戦もある。

それがサッカーだ。

もったいないと言えばそうだ。

勝利がふさわしい試合だったとも思う。

しかし、相手は監督交代して1週間のチームだった。

言ってしまえば、勝たねばならないのは鹿児島の方だ。

そのために足りない物が鹿児島にはあった。

横浜は狙いを定めて鹿児島に乗り込んできた。

両サイドバックの裏を徹底的についてきて、イバにクロス。

横浜はそればっかだったじゃんか。

それを受けて守ろうとしたって。。。

どんなに注意をしていてもイバのように得点を奪っていく選手はいる。

両サイドバックの裏に蹴らさないために前からプレスをするのが鹿児島のやり方ではないのか。

横浜のDF川崎は、フリーで余裕をもって展開していた。

なので、フィードがピンポイントで正確。

愛媛戦ではそんな事はさせていなかったよ。

前から行く勇気がなかったのか、余裕だと思っていたのか、雨が降っていたからなのか、風が吹いていたからなのか。

前半の前半、それと後半の同点に追いつかれるまで。

その時間は、鹿児島が良い時の躍動感が無かった。

守備ではしっかり相手をプレスして自由にやらせない。

攻撃ではパスコースを受けるための動き、追い越したりフリーランニングで守備のギャップを作る動き。

足りなかったよ。

試合終盤は迫力があった。

前からしっかりプレスをかけ、攻撃のために走る事が出来ていた。

なので、得点の気配もあった。

ゴールが決まらなかったのなんて大した問題じゃないよ。

やるとなれば出来るんだよ。

あれを、どれだけやり続ける事が出来るか。

それが一番大事。

この試合の問題点はやれなかった時間があった事。

やらなかったのなら、何ら問題ではない。試合展開とか体力温存とかあるだろう。

そうではない。やれなかったのだ。

100%でやらねばいけない時間なのに100%を出せなかった時間があった。

ちょっと、少し、弱いのだ。100%じゃない。

気づかない程度に。

このままズルズル行く可能性はあった。

でも、負けたことで気づくことができた。

雨と風の影響があったのは分かる。

でも、やる事をやらなければ勝利には届かない。

それが分かったのは良かった事。

教訓となる試合だった。

勇気を持って戦うこと。

気持で負けないこと。

それが必要なこと。

決勝点は残酷な物だった。

ピッチ中央で堤と草野が競り合ったところ。

鹿児島があの時間に勝っていたとしたならば、あのようなチャレンジなプレーは堤はしない。

水本のカバーも、もっと後ろに構えている。

チームの勝ちたい気持が、奇しくも最後に草野に独走を許してしまった。

最後に劇的に終わることなんて毎試合できることではない。

あの時間帯を迎えるまでにリードしておかなければならなかった。

それが、試合運びというものなんだろう。

この敗戦は、またさらに鹿児島を強くするものだ。

糧に。

そうなることを信じている。

簡単になんて勝てないよな!

楽しいよ!

J2!!

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!!