忘れる事が出来ないゲーム!琉球戦、感想会



鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめと川崎フロンターレを応援するカワサキさんのJ2第10節、FC琉球戦ゲームレビュー。

2019年J2リーグ第10節「鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球」戦の感想会です。



居酒屋の隣の席の二人だと思って読んでください。

劇的勝利は気持ちいい!

えどづめ
勝ったよー!カワサキさんっ!
カワサキ
やったね!劇的勝利!ロスタイムの決勝ゴールっ!大好きっ!
えどづめ
最高よ。待ちに待ったよ!
カワサキ
凄い盛り上がりだったね!ゴールの時!
えどづめ
バックスタンドね。みんな大喜び!みんな笑顔!
カワサキ
歓声も凄かったし、みんなぴょんぴょん飛び跳ねてたしっ!伝わってきたよ、スタジアムの感じが!
えどづめ
DAZNで見ててもゾクゾクしたね。「長いトンネルに差し込んだ一筋の光!」上片平健さん、名実況!
カワサキ
あんな名文句があると、何度見ても込み上げてくるものがあるよね。
えどづめ
飽きないよ。何度でも見れる。
カワサキ
でも、いいなー。あれこそはスタジアムで体感したいヤツ!画面で観るより百万倍興奮するヤツ!
えどづめ
試合終盤からスタジアムが盛り上がってるのが感じられたよね。
カワサキ
あれは絶対に、そのスタジアムの雰囲気が後押しした得点だよっ!
えどづめ
徐々に徐々に、勝ってくれって、勝つぞって空気になったもんね。
カワサキ
あの空気が、たまらんのだよ。スタジアムまで駆けつけた人は、一人として欠けず勝利に貢献してんのよね。うらやましい。
えどづめ
あれこそが一体感!作ろうとして作れるもんじゃないよ!
カワサキ
毎試合行ける人ばかりではないけれど、出来るだけ行くべきだよね。あの場所に。
えどづめ
現場にいるとさ、隣で喜んでる人の顔を見て、更にこっちも嬉しくなって、
カワサキ
うんうん。
えどづめ
誰かの泣いてる姿見たら、もうヤバイもんね!
カワサキ
100%もらっちゃうヤツ!
えどづめ
ああいう勝ち方は応援してて最高の瞬間だよ!
カワサキ
そう!スッゲー興奮するけど、こんなのなかなか見れないから、どんどんはまっていくヤツ!またあれを体感したいって。
えどづめ
はまるよね。これは絶対に。サッカー観戦やめられなくなる。
カワサキ
既にはまってるヤツも抜けられなくなるんだ。ドロドロのサッカー沼に。
えどづめ
もがけばもがくほど抜けられない。やめられない。
カワサキ
行くことが出来ない日になのにさ「もしも劇的勝利があったら、、、」「あの選手のゴールが見れるかも、、、」「あの選手が出場するかもしれない、、、」って結局なんとか工面してスタジアム行っちゃうの。
えどづめ
今日の記念にとか言って、グッズ買ってね。
カワサキ
そうそう、そんでクラブからの年パスの誘いとか「夏だけの限定ユニ発売デース」「平成最後のキーホルダー発売デース」「令和最初のマグカップデース」とか言われちゃってどんどん搾取されるのさ。
えどづめ
マスコット使って押し売りしてくんだよね。僕も買ったからみんなも買ってねって!
カワサキ
うわぁ!サッカー地獄やっ!
えどづめ
紙幣の新札の肖像画、ゆないくーにすれば?
カワサキ
逆に、みんな使えなくなっちゃうよ!ゆないくーは手放せませんって!
えどづめ
鹿児島だけお札溜め込む人が増えるね。
カワサキ
タンス預金ならぬゆないくー預金だ!



五領でしょ!

えどづめ
試合はどうだった?
カワサキ
もう全て忘れたね。劇的勝利は嫌なことを全て忘れさせてくれんのよ。
えどづめ
確かに。あの辛い日々もこの日の歓喜のためにあったんだって変換しちゃうよね。
カワサキ
まぁでも、前半から鹿児島が押してたよね。琉球は前半で選手交替してるし。
えどづめ
いい体勢でシュート打つシーンは、なかなか作れなかったけど、ゴール前には行けてた。
カワサキ
それが重要だよね。最後のゴールはその積み重ねだと思うよ。
えどづめ
相手にプレッシャーを与えてた。
カワサキ
そう。ゴールへの圧力がいつもの琉球でなくしてた。
えどづめ
ほう。
カワサキ
琉球は今まで試合終盤のゴールが多かったじゃん。
えどづめ
うん。
カワサキ
そのイメージで得点したい前線の人間と、今日の鹿児島はなんか嫌だなって守備の人間とでバラバラになってた。
えどづめ
間延びしてたもんね。
カワサキ
選手それぞれちょっとずつずれてきたのは前半からの攻撃があったから。
えどづめ
うん。
カワサキ
象徴的なのが、小泉だっけ?途中から入ってきたの。最後のシーン、やっぱり軽かったよね。
えどづめ
うん。
カワサキ
あれは、最初からゲームに入っていた選手だったら違うプレーをしたと思う。最初からプレーしてた選手との重みの違い。
えどづめ
そうだよね、それで萱沼が奪うことできた。
カワサキ
その点、萱沼、薗田は絶対に点取ってやるってパワーがあったから良かったよね。
えどづめ
気合い感じたよ。
カワサキ
萱沼が奪って薗田がゴールに真っ直ぐドリブルしてね。このままゴールしてやる!ってパワーがまた良かった。
えどづめ
ファールじゃなければ止められないって。実際ファールで倒したし。
カワサキ
あの時の審判の判断は良かったよね。流してくれて。薗田が倒された時、ファールだって琉球は一瞬止まったよね。
えどづめ
確かに、なんかあの瞬間、時が止まった感じがしたよ。
カワサキ
あれ、笛吹かれてたらたまんないよ。後半立ち上がりのバックパスのファール取ったのは「なんでッ!?」だけど、ここの判断は正解。
えどづめ
あのバックパスのファール、とる?堤はスクリーンしてるでしょ!パスじゃないよ!
カワサキ
俺も内心、何を見てんだよ!この××審判っ!って思ったもんね。内心ね。
えどづめ
意図的なパスではないじゃん。触れてしまっただけ。
カワサキ
でもここは、流してくれて、あざぁーす!だよ!
えどづめ
そうだね、笛吹かれてプレーが止まる可能性もあったんだ。危ない危ない。
カワサキ
それで、諦めずに萱沼が繋いだから、あのゴールが生まれた。
えどづめ
うん。
カワサキ
それまでの萱沼の得点してやる!ってプレーがあったから、琉球からしたら「えっ、パス!?シュートじゃないん?」ってなる。
えどづめ
そしてそのパスの先にいたのが、、、
カワサキ
五領だったね。前半からあれだけ走ってたのに、最後にあそこに駆け上がれるとは、、、
えどづめ
良く走ったよ。
カワサキ
そういう選手に、ちゃんと走ってる選手に光が当たるんだね。
えどづめ
更に切り返してシュートコース作ってから決めるからね。凄いわ。
カワサキ
ここまでくると誰が打ち破ってくれるのかって思ってたけど。
えどづめ
救世主は誰だ!?
カワサキ
五領だったね。
えどづめ
呼び捨ては駄目よ、先生、先生とでも呼ばなければ。
カワサキ
ごもっとも。
えどづめ
誰が決めるの?
カワサキ
五領でしょ!
えどづめ
林先生かっ!
カワサキ
平成時代も終わるというこの時に、まだ林先生?
えどづめ
五領様には足を向けて寝れませんよ。
カワサキ
もう既にいい夢見たよ!



ドラマチックユナイテッド

カワサキ
鹿児島は劇的勝利が多くない?
えどづめ
多くない?って言っても、J2では勝利がまだ二つだかんね。
カワサキ
そっか、開幕の徳島戦と琉球戦の二つか。でも100%だね。鹿児島が勝つときは100%劇的勝利!
えどづめ
必ずドラマが観られますって?さすがに疲れちゃうよ。毎回だと。
カワサキ
でもさ、開幕戦でJ2元年の初戦で必ず勝ちたい試合での劇的勝利と長いトンネルから抜け出すために必ず勝ちたい試合での劇的勝利。
えどづめ
うん。
カワサキ
これさ、ただの1試合でなく、いろんな思いが積み重なってるからさ。劇的さが倍増されてるのよ。
えどづめ
うんうん。
カワサキ
そんな重みのある劇的勝利を既に二試合もやっちゃってさぁ。一年に一回見れるか見れないかのヤツよ!
えどづめ
うんうんうん。
カワサキ
ドラマチック製造チームなんじゃねぇ。
えどづめ
それはハードル高くなるよ。強さを魅せて勝って欲しいよ。
カワサキ
それもそうか、なれちゃうかもね。