手痛い敗戦になった。レノファ山口戦、レビュー

鹿児島ユナイテッドFCを関東から応援するえどづめのJ2第9節、レノファ山口戦ゲームのレビュー。

明治安田生命J2リーグ第9節、アウェーでレノファ山口戦、1ー0で敗戦。

残念な結果となりました。

14日の日曜日。

薩長ダービー。

雨混じりで肌寒く。

応援に行かれた方、ご苦労様でした。

5,699人の観客。

山口のスタメンは、工藤壮人を外し、山下をスタメン起用。

鹿児島は、前節からの変更は3人、田中奏一、中原秀人、ハン ヨンテ、が外れ、藤澤、ニウド、八反田がスタメンに。

ニウドは一昨日加入が発表!!

もう使ってくるの!?

前半

鹿児島はニウドと八反田をダブルボランチに置いて、米澤を1トップ、酒本をトップ下にする。

鹿児島はいつも以上に前線からのプレス。

奪われても切り替えが速く、すぐさまプレス、奪い返すことができている。

選手間の距離も近くてショートパスが回る。

レノファはここまで鹿児島が前からプレスをしてくると予想していなかったので、受けてしまい前線までボールを運べない。

15分

鹿児島のキーパーからのビルドアップ。

ジュンスから右の水本、ボランチの八反田がもらいに来てワンタッチでタッチライン際の藤澤に。

これでレノファの前からのプレスをかわす。

藤澤はハーフラインまで持ち上がり、五領を飛ばして前線の米澤に縦パス。

が、これは合わずに結局走り込んだ五領がボールに触る。

このワンタッチが上手くスルーパスの形になる。

一気に米澤とキーパーの1対1に!

1対1だぞ!令衣!

シュート!

弾かれたぁー!

令衣のシュートはキーパーの股を狙ったが、読まれていた。

クゥー!

と、その弾かれたボールからカウンターに!

三幸のスルーパスに高井が抜け出すが藤澤が戻って攻撃を遅らせる。

シュートは打たせずにジュンスのキャッチでレノファの攻撃を終わらせる。

と、ジュンスが素早くロングキック!

ボールは最前線の令衣に!

ナイストラップ!

またしてもキーパーとの1対1!

がここは菊地に体を寄せられシュートを打てず。

おおおおおぅ!

めまぐるしぃー!

18分

キーパージュンスが、下がってボールを受けに来たニウドに、ニウドから水本、藤澤、八反田とつなぐ。

八反田が五領に縦パス。五領はゴール前までドリブル。

酒本に渡してペナルティエリア内に突っ込んでいく。

酒本ワンツーで五領に戻すスルーパス!

これは合わずシュートが打てない。

レノファのプレスが甘い事もあるが、藤澤のラインのビルドアップはスムーズ。

ペナまで侵入も出来ている。

後はシュート。

打てよシュート。

22分

レノファのビルドアップ、2センターバックに米澤と酒本がプレス

レノファ、キーパーに下げる。

米澤がキーパーまで追っかける

キーパーたまらずキックで逃げる。

砂森がヘディングで跳ね返し、そのボールを酒本、牛之濱で回収

そのまま牛之濱がボールを運ぶ。一旦下げて酒本、八反田、砂森と入れ替わりパス交換しながらペナ内へ侵入。

この時ゴール前に鹿児島は5人!

砂森は酒本とのワンツーからゴールラインまでえぐり低く速いグラウンダーのクロス!

受けたのは牛之濱

持ちかえる、

打てない!

シュートは打てなかったが、相手センターバックにプレスからの素晴らしい流れだ。

米澤がしっかりキーパーまでプレスに行くので、レノファのビルドアップがままならず、鹿児島の時間が続く。

しかしこのプレスが最後まで続くわけはない。

どっかで落ちてしまうだろう。

この時間に点取りたい!

徐々に切り替えや、戻るのが遅くなりレノファがボールを持つ時間が増えてくる。

米澤、酒本のプレスに後ろがついてこれなくなる。

間延びしてしまいオープンな展開になってくる。

40分

レノファの右サイドのスローインからセンターバックを経由して左サイドへ。

高井、佐々木、川井でえぐっていくが、クロスまでは至らず。

一旦下げて川井、佐々木に吉濱、前貴之が絡んでくる。

何で前貴之がここにいんの!?

高井、佐々木はもうゴール前に移動していて山下含め3人がゴール前に。

左サイドから吉濱がクロスを入れてくる。

山下がボレー!

ゴールの上っ!

アブねぇ!

右サイドバックの前貴之が左サイドまで顔を出して崩してきた。

レノファがポジションを崩しながら攻撃してくるとさすがに対応が難しい。

前半終了

得点が欲しかった。

それほど良い前半だった。

米澤令衣と酒本のキーパーまで行くプレスが良く出来た要因だ。

ただこれが90分持つはずがなく、実際に30分過ぎから弱まってしまった。

そしてレノファの時間に。

後半が始まれば、また高い位置からのプレスを鹿児島は仕掛けてくるだろう。

後半どれだけ持つのか。

良い時間の内に得点決めたい。

令衣のキーパーとの1対1は決めたかったなぁ。

あれは難しいか。

ニウドは良かった。

ボールを受けて、前を向けるのでビルドアップで効いている。

ゴール前に入っていくタイミングも良い。

足も長くて奪うのも上手いが、ファールをもらいがち。

中から攻めようとしすぎ。

ゴール付近でボールを左右に振りたい。

中も外も使ってゴール前の山口守備陣を広げて隙を作りたいところ。

例え失敗しようとも、必ずジャブとして効いてくるから。

とにかくゴール!

頑張れ!

後半

鹿児島は前線からのプレスを再び開始。

48分

レノファのスローインをが奪う。

後ろの水本へ。水本はレノファのプレスがあるので良い体勢ではないがとりあえず前方に蹴る。

ニウドがフリック、砂森がワンタッチで前方へ。

牛之濱が受け取り中へドリブル!

三幸のスライディングをかわしてミドルシュート!

キーパー山田、パンチングッ!

ぬぁー!

56分

レノファの前からのプレスを藤澤はサイドチェンジでかわす。

逆サイドの砂森へボールは渡る。

レノファは結構なプレスだったのでラインは高くキーパーとの間に広大なスペースが。

米澤令衣、牛之濱、奥から酒本が走り込む。

レノファ守備陣は戻りながらの守備。

砂森はゴール前に素早くクロス!

令衣にピッタシ!

が、トラップが長くキーパーにキャッチされる。

うぅっ!

藤澤のサイドチェンジと、砂森のクロスが秀逸!

クロスを入れるタイミングも素晴らしかった!

57分

鹿児島のプレスの連動性が弱くなり、かわされてレノファの左サイドを突破される。

高井が大きくクロス。大外のパウロはワンタッチで落とす。

後ろから上がってきた前貴之がシュート!

外れたぁ。

ふう。

助かったシーン。

プレスに行くリスクがこれなので、しょうがない。

頑張って連動してプレスを続けよう!

58分

山下がゴール前で足を痛める。

かなり痛そう。

重くありませんように。

レノファ、山下out、工藤in

鹿児島が前線からのプレスが出来なくなりレノファに押し込まれる。

64分

川井のクロスは鹿児島守備陣が弾くが、前貴之に拾われる。

前は右サイドの田中パウロへボールを渡す。

パウロはフェイントで上げるタイミングを見計らう

対峙するのは砂森。

鹿児島は7人がゴール前に。

レノファは4人が入る。

パウロは切り返して切り返してクロス!

工藤に合う!呼吸ピッタリ!

シュート!

バー!

更に高井がッ!

これはバーの上、オフサイド。

バー様!

パウロがボール持ったら、みんなのやることが共有されてる。

こわいわー

66分

米澤out、萱沼in

酒本out、薗田inn

二人共よう走ったよ。

薗田、萱沼、頑張れ!

薗田のプレスは甘い。

後ろももうついていけない。

レノファに押し込まれてしまう。

70分も過ぎて。

あんだけ前からのプレスを仕掛けていたのだからもう体力も無くなってきているし、集中力の欠如やミスも起きる。

普通だったらここら辺から、ゴール前固めて引き分け狙いに変更したいところ。

カウンターで得点狙うパターンに。

しかし、負けているチームの性。

無得点が続いているチームの性。

なんとか得点取ろうと、勝とうと。攻めの気持ちは強い。

ゲームの進め方が、頭の中と体力に誤差ができてしまっている。

もうこのゲームは引き分けでは終わらない。

女神はどちらかに微笑むパターンだろう。

80分

高井のフリーキックはバー!

バー様!再びっ!

83分

レノファをゴール前に押し込むが攻め手がなく一旦下げる。

もう一度左から砂森がクロスではなく中にパス。

薗田はヒールで流す。

後ろに五領、ディフェンスが触り五領には繋がらないが運良く萱沼に渡る。

萱沼はボールを落とす。

そのボールを八反田がシュート!

キーパー!キャッチ!

84分

レノファのキーパーのフィードを鹿児島が回収。キーパージュンスに戻す。

ジュンスのフィードを薗田がキープ、五領に落とし、五領はスルーパス!

牛之濱が抜け出す!

中にキレ込んでシュート!

ゴールを外れる!

もう足の踏ん張りが効かない。

84分

レノファ、田中パウロout、高木大輔in

お互いのゴール前のシーンが増える。

どっちがゴールを奪うんだ!

88分

ニウドout、中原秀人in

ニウドお疲れ。

秀人、決めてくれっ!

90分

鹿児島はコーナーキックを獲得。

キッカーは五領

ボールは巻いてホール前へ、キーパーキャッチ!

いやっ!キャッチされたらいかん時間やっ!

ほらカウンター発動してるよッ!

山田のキックは一度鹿児島守備陣が跳ね返すが、鹿児島が戻るより、レノファが駆け上がる方が速いし多い!

佐々木が持ち上がりゴール前の工藤に鹿児島ディフェンスの間を通すパス。

通った!工藤シュート!は、打てずアンジュンスがキャッチ!

、、出来てないよ!こぼしてるよ!

それを菊地に決められるぅーー

なんだよぉー!

なんなんだよぉー!

なんなんなんなんなんだよぉー!

もうぉ!

アディッショナルタイムは5分

92分

コーナーキック獲得。

キッカーは砂森

ヘディングシュート!

あれっ?掻き出された?入ってなかった?

えー!

総括

5連敗。7試合無得点。

ひとり。最下位。

良くはなっているんだがなぁ。

悪い流れが止まらない。

勝たなければいけない状況が、最後のプレーの精度を狂わせる。

判断を誤らせる。

余裕がなくなる。

はい、悪循環。

勝ち癖のあるチームならば、、、

アウェーなんだから引き分けでも十分って余裕があれば、、、

勝っていた試合なんだろうなぁ。

令衣と酒本のプレス、前からのプレスに山口は戸惑った。

今までは、この試合ほど前線からきっちりプレスを出来ていなかったからね。

ニウドをスカウティング出来ていなかった。

だって、うちらも予想だにしていなかったから。

だが、もうばれた。

次は対策を練られてくるだろう。

勝っておきたい試合だったのは確かだ。

だけどもうすぐ夜は明ける。

サッカーに絶対は無いが、チームは手ごたえを掴んだ。

監督の顔にそれは表れていた。

次は琉球だ。

鹿児島は90分に失点して負けた。

琉球は95分に得点して引き分けた。

走れ!

頑張れ!鹿児島ユナイテッドFC!!